スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるぽた冬ライド~高山~

12/21(土)にチャリモさんと岐阜の高山まで走ってきました。

そもそも何故高山まで行くことになったのか経緯は曖昧で、なんとなく自転車で冬の高山に行ってみたくなって誘ってみたらチャリモさんが快諾して一緒に行くことになった感じだったと思います。

高山には今年既に1度自転車で行っててその時はロード試し乗りとして単独走で安房峠経由でしたが、冬のこの時期は通行止め、安房トンネルは自動車専用道路なので、自転車で行くには木曽街道が通る長峰峠を越えるしかありません。



金曜の仕事が終わった後いったん帰宅してすぐに着替えて新宿駅から京王線で高尾駅へ。
日付変わって0時過ぎで気温は既に0度。
これから山の方へ向かって走るなんて頭おかしい、1人だったら間違いなく引き返して新宿行きの電車に乗ってるな・・と思ってるとチャリモさん到着して合流。1時過ぎに無事に出発。

1387555719905.jpg

大垂水峠はさくっと超えてR20をひたすら進む作業。
2人とも29erのMTBでしかもゲイリーフィッシャーのパラゴンと車種まで一緒。長峰峠では雪道を走ることになるだろうと僕はブロックタイヤのレースキング(680グラム)、チャリモさんは走破性が高い軽量なフューリアスフレッド(360グラム)、このあたりの差でどっちが雪道に向いてるか少しは参考になるかもしれません。

汗冷えを防ぐためにとにかく汗をかかないペースを意識して走行。
大月までくると寒くて顔面が痛いレベルで、耳も特に痛い状態。
気温は正確には把握できてないけど-1~0℃だったとしても、自転車に乗ってる以上冷たい風を受けながら走ってるわけで体感温度は相当低いのだろうと思います。

笹子の上りに差し掛かる手前のセブンイレブンにて補給、及び装備の調整。
顔面を風から保護しようとフェイスマスク、グローブもスキー用のものに変更。また足先も冷えるのでゴアテックスの靴下を重ねて履きます。
あー失敗したなーと思ったのが靴。風通しの良いつくりなので冷えやすいですね。

NCM_0324.jpg

笹子トンネルの入り口手前にある温度表示では-3℃。しかしトンネルの中は車の排気のおかげでとってもあったかい。
トンネルを抜けて下り坂は寒く、標高下げてるうちにだんだん温かくなってきたなーと思ってたら、甲府盆地に入った途端に再び気温低下。なんだこれ超寒い。

そうか、盆地だから冷気が溜まりやすいのか?夏は暑いし気温差という意味ではなかなか厳しい所なのかもしれません。
韮崎に入るあたりで日も出てきて、早く気温が上がることを祈るばかり。

IMG_20131221_064809.jpg NCM_0325.jpg

ローソンのイートインで一瞬だけ仮眠とって補給して再出発。
コンビニが暖かすぎて店を出るだけでも精神力に負担がかかります。

富士見峠を超えて茅野へ。やっと気温も上がってきて、これまでずっと早く止めて帰りたいと願ってた気持ちが納まってきました。

1387585614691.jpg

R20からR152へ入ります。ここからは自分は初めて通るルート。
コースの難易度を下げるなら本来は塩尻まで行ってからR19へ行くところですが、R19は自転車にとって死と隣り合わせの危険な道なのでなるべく避ける方向で。しかし死と隣り合わせの道というのはこの先にもあったわけです(フラグ

R152で杖突峠を超えて伊那市街方面へ。
この峠では途中で雪が路面に出てきましたが溶けてるところなので走行には大きな影響なし。後輪が空回りするのでダンシングできないのと跳ねた水で濡れないようにレインパンツを履くぐらいか。

IMG_20131221_105400.jpg IMG_20131221_104451.jpg

IMG_20131221_111215.jpg NCM_0326.jpg

杖突峠からの下りはかなり快適で、途中の田舎景色は最高でした。雪があるとなお綺麗に見えるものでしょうか。

NCM_0329.jpg

伊那市高遠からR361へ。あとはR361をひたすら走ってれば高山にも着く感じですね。
高遠のコンビニで飯食ってたら日差しがだいぶ温かくポカポカしてきて今日初めて暖かいと思った。そのせいか徹夜による眠気に襲われ20分ほど仮眠。
暖かいからいらねーだろとグローブ外して走り出したら風が超冷たくてすぐに再装備。調子に乗ってた。

伊那市街を抜けるとひたすら長い直線の上り。遠くまで見えすぎてゲンナリ。
権兵衛トンネルの標識で、自分が今標高1000m以上のところにいることを知ります。思ったより標高高かったんですねー

NCM_0331.jpg

よくある展開パターンとして、トンネルを抜けたらそこは雪国、みたいな展開を恐れつつ4km以上もあるトンネルを抜けると、確かに雪の量は多いけど降ってるわけじゃなかったのでセーフ。

NCM_0333.jpg

下ってR19へ合流、この道沿いにあるコンビニにて最後の補給。ここから高山まで88kmはコンビニはないし、時間も遅くなれば店もやってないので途中で補給できないと思った方が良い。

高尾で買っておいたパンがまだリュックに入ってるのでちょっと休憩していざ出陣。

上ってるうちに日も沈みだんだん暗くなってきた。
長い峠なので斜度はあまりきつくなく、とにかく長い。通り過ぎる車の視線が気になる。

地蔵トンネルを越える頃にはかなりの降雪っぷり。トンネルを抜けた先の下りはもう路面のグリップはあまり期待できない状況なので10~15km/h程度のスピードに抑えておっかなびっくり開田の住宅地へ。
寒いし雪が付着して溶けて濡れるのもマズイのでバス停で防寒最終形態に移行。リュックに入れておいた大きめの服を着込み、その上にさらにレインジャケット。グローブも再びスキー用のものに。

NCM_0334.jpg

そこから先の路面状況はさらに悪化し、完全に雪道。風も相変わらず強く「吹雪ですね^^」「そうですね^^」「僕ら何してるんですかね^^」「わからないですね^^」
この時点で峠の反対側の下りどうしようと本気で心配してました。車は通れるとはいえ暗くなってからも通るのか、この降り続ける雪が積もって自転車で走行不可になるのでは。

最後細かいカーブが続いて頂上はまだかと叫びながら上ってついに街灯発見。
頂上には下記サイトで確認できるライブカメラがあって、前日まで監視してたので頂上に街灯が1つあるのは承知済み。

木曽建設事務所道路情報 長峰峠

狂喜しながら握手を交わし記念撮影。雪にデジカメを固定。
これが大体19時頃。

CIMG0924.jpg CIMG0928.jpg

普通、峠は登りきったらあとは重力にまかせて下るだけなので終わった感ありますが、今回のライドではむしろここから高山までの下り50kmがメインでした。

降り続けた雪が車に踏み固められてできた轍や溝にハンドルをとられまともに走れない。
じゃあ車に踏み固められてないところを走ろうにも積もりすぎてタイヤが重くなり走れない。
あかんこれ今日中に高山にたどりつける気がしない。

前に進んでるのにハンドルが斜めを向いてるような状況に何度も陥りつつも、だんだんとそれにも慣れてきて、また重心を思いっきり後ろに持っていくことで安定性が高まることも確認。
体勢がきついのでなかなかつらい。握力もなくなりそう。

15kmほど下ったところの道の駅で休憩。標高が下がるにつれ雪質が溶けがちになってきたので、タイヤがとられることもなくなってきてペースもいい感じに上がってきた。雪をズバババッと掻き分けながら進む感じが気持ちよいです。

CIMG0929_2013122314255496b.jpg

さらに20kmほど下って、もう終わった感も出てきて油断してた頃か、美女峠へ向かう交差点の右折で後輪がズルっとスリップ。チャリモさんも前輪がスリップ。
あれ、雪ないのにと思って足をつくとツルツル。路面が凍ってた。そうか、溶けた雪が凍ることもあったか。
これから上りなのにどうすんのこれ・・・と2人で一瞬悩んだけどゆっくり走れば大丈夫じゃねってことでゆっくり走る。

うん、ダンシングやった瞬間に後輪滑るけど座ってちゃんとトラクションかけてれば大丈夫そう。
美女トンネル抜けて高山市街へ。交差点のカーブで相変わらず滑るけどなんとか予約してたホテルα1へ到着。

後半のペースアップもあって22時半頃に着いた。
距離も獲得標高もわかってなかったけど後で調べたら高尾から296km、獲得標高4300mでした。

もう絶対やらないと誓い、コンビニで飯買って部屋で食ってたら寝落ち。こんなきつい睡魔も久しぶり。布団に入って数秒で寝た。


朝7時に朝食食べようとチャリモさんと話ししてたけど2度寝で30分以上遅れましたごめんなさい。
もともとの予定では今日は名古屋過ぎまで走ろうとしてましたが、外みたらすげー雪降ってるしそれ以前に疲れすぎてもう全然乗る気しない。
ちょっと観光して高山駅から普通に電車で帰ることにしました。

CIMG0930_201312231425563c3.jpg CIMG0934.jpg

氷菓の聖地巡礼もさりげなく盛り込んだ。

NCM_0338.jpg 1387672740414.jpg

CIMG0954.jpg CIMG0951.jpg

CIMG0946_20131223144358efc.jpg 1387679008364.jpg

CIMG0935_20131223144356614.jpg NCM_0340_2013122314455184f.jpg

CIMG0945.jpg CIMG0943.jpg

高山に来たのはいいけど2人とも何度か来てるせいで特にやることもなくて時間を潰すだけの良い例です。
名古屋駅まで鈍行で行ってから新幹線で帰宅。

帰りの車内では次の冬はどこへ走りに行こうかと盛り上がって解散。あれ、昨日もうやらないって言ってた気がするのに。

レース~2013 Taiwan KOM Challenge ①~

先日、11月9日に台湾で開催された2013 Taiwan KOM Challengeに参加してきました。

去年に引き続き2度目。前回のレポートはこちら

今回もブルベ仲間の皆さんと一緒の参加で、去年はHEIZOさんと2人だったところ、我々の懸命な招致活動によって(???)日本から5人の物好きが台湾へ発ちました。

エントリーリストを見た限りでは日本人のエントリー数は40ちょいだったと思いますが、レース後のレポートによると実際は29人の参加だったようで、台湾以外からの国別参加者数としては最多だったようです。
かくいうHEIZOさんも今年もエントリーしていたのですが仕事の都合で無念のDNS、非常に残念でした。


さて台湾までの飛行機を予約する際は他の皆と合わせてLCCのScoot航空にしてみました。
自転車などサイズ重量が超過する荷物については別途料金がかかるんですが、もろもろ込みでも3万ちょっと。
去年のChinaAirlineと比べて2千円程度安い感じでしょうか、時期にもよると思うんですけど。
Scoot航空は成田からの往路は乗りやすい時間帯(11:50)ですが、復路の出発時間が早朝(6:50)で結構厳しいです。来年は復路だけ別の航空会社にするかも。

あと自転車の飛行機輪行では去年はエイカーのバイクケースに入れてたんだけど正直大きくて重くて面倒だし、ものは試しにOS-500のバッグに入れて今回は持っていくことにした。いつも国内線でしか使わないんだけど。
結果としては特に問題なく事足りた。ただリスク面でみればバイクケースの方が安全だというのには変わりはないでしょう。

台湾での初日及び最終日の宿泊先、レースの申し込みは仲間分一括でVさんにお願いしており、道中の案内などもろもろ本当にありがとうございました。

Vさんは既に1週間前から台湾に発たれていて、フルマラソン(災害の影響でハーフに変更だったらしい)、更にSR600も完走してからのKOM Challengeへの挑戦だそうで、そのバイタリティに驚愕です。(しかも孫持ち)

僕みたいな社畜は木曜金曜の休みを気まずそうに取得し、
木曜早朝になって必死に荷物(主に自転車)の準備を整え、時間ギリギリに成田空港へ向かいました。
空港で他のメンバー(ガクさん、べんべんさん、もじゃ吉さん)と合流してワイワイ出発。

CIMG0320.jpg CIMG0325.jpg

桃園空港ではSIMカードを購入(72時間データ通信、1時間通話、で300元)し、バスで台北駅前まで。
台北駅近くにある宿でVさんと合流し、自転車を組み立てた後に晩御飯を食べに行きます。そう、僕のカーボローディングは今この瞬間から始まるわけです。

CIMG0331.jpg CIMG0334_20131121003133cd0.jpg

こういうちゃんとしたお店で食べると、台北市街だからかまたは観光客向けにも対応しているせいか若干割高でしたが、日本の感覚で見れば安い。
今度は路地にある小さなお店で売ってる饅頭などを食べ歩き。饅頭1個10元とかあるし安すぎで財布が緩みっぱなしだしお腹が脹れ過ぎて痛い。

セブンイレブンはそこら中に展開されていて、コンビニの密集っぷりは異常ですね。

CIMG0330_20131121003131d49.jpg

台北駅の地下にも足を運ぶとミスドを発見。
台湾限定のドーナッツあるかなーと見てみたけど特にそういうのは無いみたい。値段も日本とほとんど変わらん。

CIMG0344.jpg

宿に戻って、明日は早く発つのでさっさと寝ます。

CIMG0350.jpg


翌日も天気に恵まれ、サイクリング日和。

CIMG0354.jpg

台北駅から花蓮行きの特急(自強号)に乗って南澳駅まで。
特急の列車にはこういう貨物室があって自転車を積むことができます。(全ての特急にあるわけではないらしい)
日本の電車は輪行にちょっと厳しいとこあるからね、感動ものです。

CIMG0357.jpg

社内販売の駅弁を買ってみたら(お腹全然空いてなかったけど)、蓋に描いてある絵から┌(┌^o^)┐ホモぉ…な匂いを感じ取りました。
お弁当自体は普通に美味しかったです。げぷ。

CIMG0365.jpg

南澳から新城まで断崖絶壁で有名な道を通るらしく、絶景が拝めるはずだよとVさんのお勧めでサイクリングすることに。
Vさんは連日の疲労が残ってるので新城までこのまま電車で向かい、向こうで再合流することに。
4人でサイクリングスタート。レース受付もまだやらなきゃならないし、Vさんには13時ぐらいを目処に着いてねと言われてるのでダラダラというわけにもいかない。

CIMG0370.jpg CIMG0371.jpg

CIMG0381_201311210127546db.jpg

東海岸の動脈的な国道だけどそんなに交通量多くないし快適に走れます。

CIMG0387.jpg CIMG0391.jpg

今日の目的地である花蓮までは61kmか、結構あるな・・・

ゆるやかなアップダウンをこなしていくと海の景色がかなり良くなってきました。

CIMG0399.jpg

しかしトンネルには排気ガスが充満していてだいぶ空気が悪そうです。

CIMG0408.jpg

それからこういうトンネル内の地面や、下り坂の標識でよく「慢」という文字を見かけるんだけど、これは「ゆっくり」という意味なんですね。なかなか面白い。

そして県境を跨いで花蓮県へ。

CIMG0410_20131121013539836.jpg

太魯閣国立公園の入り口なのでしょうか、立派な看板。そして絶景のオンパレード。

CIMG0417.jpg CIMG0422_20131121013542076.jpg

断崖絶壁っぷりがハンパじゃないですねー。

CIMG0425_20131121015156bfe.jpg CIMG0434.jpg

ようやく新城に近づいてきました。
この谷が太魯閣渓谷に続き、そして台湾を横断して台中へと繋ぐ国道8号線、明日のレースのコースがあります。

CIMG0444_20131121015159085.jpg CIMG0447.jpg

ちょうど昼過ぎなこともあり結構お腹空いてきた。
13時はちょっと過ぎちゃったけど無事に合流し、Vさんが宿泊してた宿のすぐ近くにある食事処で肉炒飯。美味い!

CIMG0450.jpg CIMG0452_201311210156270b0.jpg

ふー食った。
あとは花蓮まで行くだけかと思いきや観光すべきところはまだありました。
肝心の太魯閣渓谷。

去年はレース中だったこともあり景色をじっくり見たり写真撮ったり全然してなかった。ていうかレース開始直後にカメラ壊してた。

時間にそんなに余裕はないけどさくっとVさんを先頭に太魯閣渓谷へポタリングスタート。


②へ続く

ブルベ~SR600北関東~

9月の3連休を利用してAJ宇都宮のSR600北関東を走りに行ってきました。
※2ヵ月後に記事を書いてるので記憶がだいぶ飛んでます。

結果として、55時間の制限時間内になんとか完走できました。
一緒に出走し、最後までほとんど一緒に走ったイ反さんも完走。彼はまだ600kmの経験が無かったのに、初めての600kmがこれとかw

何時にスタートするか決める際、仕事の都合もあるので早朝の電車で宇都宮へ向かう時間を考慮して朝9時スタートに。
深夜に直江津に着くだろうという見込みで直江津のビジネスホテルに予約を入れておきました。
その後は夜通しでゴールまで一気に向かうという算段です。

コマ図は本SR600第一完走者のK林さんが用意したものをそのまま使わせていただきました。m(_ _)m
http://blogs.yahoo.co.jp/gf_ae110_aepnk/11658342.html
※一部間違っているという情報もあったので公式HPからキュシート、及びPCチェックポイント一覧も印刷しておきます。
http://www.geocities.co.jp/ajubrm/brm201312.html

当日。
浅草駅でイ反さんと合流し、東武線で新鹿沼へ。

PC1(スタート)
PC1.jpg

僕はいつもの山岳向けのMTBで。イ反さんは愛車のクロスバイクで。
以前は2人で札幌まで走りに行ったりしたもので、久しぶりにまた2人でロングライドです。

ブルベで走り慣れた道を快調に走ってPC2へ。

PC2(滝ヶ原峠)
PC2.jpg

想像以上にイ反さんとペース差があったので、イ反さんペースに合わせて完走する方針で。せっかく2人で走りに来ているわけなので1人になったらもったいないしきっとつまらないでしょう。

DSCN1333.jpg DSCN1335.jpg

PC3では撮影ポイントの目の前に車が止まっていて(^ω^#)ピキピキきました。

PC3(金精峠)
PC3.jpg

イ反さんが下りの途中で蜂に指を刺された模様。
落車がなくて良かった。

PC4は片品村デイリーのレシートチェック

DSCN1337.jpg

PC4を出てそのすぐ後、正面から蜂が飛んできて僕の顔面に直撃、こめかみを刺されました。イテー
なんで2人して蜂に刺されるんだ?

それでもかなり順調にこんろく峠を登頂。

PC5(こんろく峠)
PC5.jpg

下り基調でみなかみへ。

DSCN1343.jpg

PC6に着く頃には少し暗くなっていて、PCを撮影して出発する頃には真っ暗になりました。

PC6(みなかみ町)
PC6.jpg

この区間はクマの目撃情報があったけど既に真っ暗だし頼りはライトのみ。
まーそうそうクマと出会うことないでしょwと余裕ぶっこいて通過。国道17号まで出て少しホッ。

国道17号は僕が自転車でロングライドやるきっかけになった旅路でもあるんですが、あの時はこんな暗い中走れるわけがない、と道の脇にテント張って寝たものです。
今は自転車のライト、ヘッドライトを駆使して全力で三国峠をヒルクライムしているとは。感慨深い。

PC7(三国峠)
PC7.jpg

三国峠のトンネルを越えると新潟県入り。

DSCN1351.jpg

PC8は越後湯沢駅前セブンイレブンのレシートチェック

夜10時過ぎに観光地の駅前のコンビニでジャージレーパン姿の2人が飯食ってるのは何かと視線を集めます。
人目を避けるように再出発。

ここからは知らない道なので間違えないように慎重に。
国道405号はなかなかの鬼畜ぶりでしたが面白いコース。できれば真っ暗な中ではなく昼間に走りたかった。
夜中これ1人で走ってたら途中で泣いてたかもしれません。

PC9(十日町市)
PC9.jpg

DSCN1354.jpg

ここまで来れば折り返しの直江津までもう少し。
しかし時刻はもう深夜3時頃になってるし、道も平坦なこともあって強烈な睡魔に襲われます。
何度もマイクロスリープを繰り返して蛇行運転になっていました。

イ反さん曰く「そういう走り方をわざとやっているのかと思った」

PC10(直江津フェリー港)
PC10.jpg

これで半分の300km終わり!
しかし既に4時。予約していたビジネスホテルにこんな時間に到着するのも心苦しいけど仕方ない。
チェックアウトは10時までなので、ギリギリまで寝ることにする。
大浴場の温泉で寝落ちしそうになりつつも部屋に戻って3時間半ほど睡眠とって午前10時過ぎに再出発。

関田峠は難所と聞いていたので覚悟はしていましたが、
上り始めから非常にえぐい。
途中で少し緩くなったと思いきやまた急坂が続きます。なにこれ・・・

ひーひー上ってると前から車がやってきて、なんとK林さん登場。
まさか応援に駆けつけてくれるとは!奥さんとドライブの途中だということですがこれは嬉しいサプライズでした。だいぶ元気出た。

関田峠頂上手前でイ反さんを待つために光ヶ原高原の休憩所でアイス。

DSCN1358.jpg DSCN1360.jpg

イ反さんと合流後、更に流しそうめんも食べることに。

DSCN1363.jpg

流しそうめんを食べてる間、突然雨が降ってきて「うわー」となりますが少し待てば止みそうだったので、時間を潰して止んだところで再出発。

PC11(関田峠)
PC11.jpg

上りが急なら下りも結構急でした。

DSCN1368.jpg DSCN1370.jpg

しかしかなり景色の良い田園風景。
こういう所での生活はどんな感じなんだろうと思いを馳せます。

DSCN1372.jpg DSCN1376.jpg

PC12は湯田中駅前ローソンのレシートチェック

もうすぐ日が暮れるという事実に愕然。
昼前に出発してるんだから仕方ないけど昼間の走行距離の方が短いって何かおかしい気がする。

渋峠を上り始めてしばらくすると日入りを目撃。ああ日の出が待ち遠しい。

DSCN1379.jpg

上れば上るほど気温が低下。
頂上付近では強い向かい風もあり体温がみるみる奪われていきます。

PC13(渋峠)
PC13.jpg

かなり寒く霧も出ていて視界不良。
雨具を着込み、申し訳ないけどイ反さんを待たずに草津まで下山。
草津温泉近くのセブンイレブンでガタガタ震えながら暖かい飲み物を飲んで体温を上げる努力。いっそのこと次のPCまで下ってしまうか、草津の公衆の温泉浴場に行こうか真剣に悩んだ。

そんな中にイ反さんが到着。時間もそんなに余裕があるわけではないのでさっさと標高を下げる方針で。

PC14は長野原大津セブンイレブンのレシートチェック

PCを出発してしばらくするとポツポツと雨が。
そんなに強くないので行けるところまで行こうとしますが、榛名に向かう手前で雨が本格的に。
ちょうど眠かったし吾妻線の郷原駅で仮眠することに。駅舎の中は寝にくいし、屋根付きの駐輪場に転がってみるものの、数十分で目が覚めた。寒いしキツイ。

しばらく雨は止みそうにないし、諦めて榛名山へ上りにいきます。
その間もずっと雨で、ようやく頂上に着いても寒すぎて逃げるように公衆便所へ。
まだ夜間で利用もないはず、と座り込んで仮眠。全然眠れないけど、保温できるだけマシか。

若干空が白んできたところで気合を入れて出発。
あとは心拍を上げて体温を上げるしかない。ヤセオネ峠まで全力で走った結果寒いながらも何とかなりそう。
榛名湖周りにいた釣り人らしき人達が奇異なものを見るような視線を向けていたのには気づいた。

PC15(ヤセオネ峠)
PC15.jpg

難所は越えた。
ここまで来ればゴールがぐっと近づいた感じがします。

できれば伊香保で温泉に入りたかったけど涙を飲んで下山。国道17号を渡ったとこにあるローソンのイートインで朝食をとって赤城山麓へ。

アップダウンをこなしているとやっと雨が止んできました。
良かった、塗れたジャージがこれで少しは乾かせそうだし、何よりゴールは晴れている時に迎えたかった。

PC16は桐生市黒保根デイリーのレシートチェック

イ反さんは柏尾峠が初めてとのことなので、最後だけキツイよと告げて単独アタック。
残りの力をここで出し切った。

PC17(横根高原)
PC17.jpg

ここでイ反さんを待つつもりが、予想以上に寒く。そりゃ標高1000m超えてるんだし当然か。
先に古峯神社まで下り、そこで饅頭を買って一息。

あとはもう全部下りのはずだしゴールを確信。

PC18(ゴール)
PC18.jpg

無事に53時間46分で完走。

新鹿沼駅で帰りの特急券を購入。さすがに3連休だったこともあり混雑してるので次に乗れる特急まで時間に余裕がある。
ファミレスでハンバーグを食べ、ニューサンピア栃木まで寄り道して温泉でまったり。

帰りの電車では爆睡でした。

終わった直後はまた走りたいとは正直思ってなかったけど、記事を書いてるうちにまた走ってみようかな、という気になってます。

忘れやすい頭って怖いねー。

通勤トレ~SR600前追い込み~

昨日は会社を22時半頃に出発して横浜みなとみらいへ寄ってから帰宅。
今日は会社を23時過ぎに出発してから鳩ヶ谷~舎人周遊ルートで帰宅。
どちらも全力インターバル走で良い感じに疲れました。

29erパラゴンの前輪タイヤをコンチネンタルのレースキングに変更しての走行だったんだけども
さすがに重くて加速は最悪なんだけど速度維持が想像以上に楽でちょっと衝撃だった。
重さのメリットってばかにできないな。
あと絶対にパンクしなさそうな肉厚の安心感もすごい。

明日からは流しで。

ブルベ~BRM915神奈川400km八ヶ岳一周~


ほとんど走ったことがある道とはいえ、八ヶ岳をぐるっと周ってくるコースを一気に、なんてのはやったことがなく
楽しみにしてたんですが。

当日の朝3時に目が覚めたところ窓の外から大きな雨音が聞こえてきたので、
いったん布団から出て椅子に座ってPCで天気予報を確認。

うわー1日雨だなー。

うーんうーんと悩んでるうちに椅子に座ったまま寝落ち。


はっと気がついたら、品川から乗らなきゃスタートに間に合わない始発の時間でした。
すぐにAJ神奈川スタッフへDNSメール。

し、仕方ないよね・・・
と自分に言い聞かせてまた布団へダイブ。昼過ぎまで寝てました。


あああこの連休はちゃんと乗るつもりだったのにー orz
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。