スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルベ~SR600北関東~

9月の3連休を利用してAJ宇都宮のSR600北関東を走りに行ってきました。
※2ヵ月後に記事を書いてるので記憶がだいぶ飛んでます。

結果として、55時間の制限時間内になんとか完走できました。
一緒に出走し、最後までほとんど一緒に走ったイ反さんも完走。彼はまだ600kmの経験が無かったのに、初めての600kmがこれとかw

何時にスタートするか決める際、仕事の都合もあるので早朝の電車で宇都宮へ向かう時間を考慮して朝9時スタートに。
深夜に直江津に着くだろうという見込みで直江津のビジネスホテルに予約を入れておきました。
その後は夜通しでゴールまで一気に向かうという算段です。

コマ図は本SR600第一完走者のK林さんが用意したものをそのまま使わせていただきました。m(_ _)m
http://blogs.yahoo.co.jp/gf_ae110_aepnk/11658342.html
※一部間違っているという情報もあったので公式HPからキュシート、及びPCチェックポイント一覧も印刷しておきます。
http://www.geocities.co.jp/ajubrm/brm201312.html

当日。
浅草駅でイ反さんと合流し、東武線で新鹿沼へ。

PC1(スタート)
PC1.jpg

僕はいつもの山岳向けのMTBで。イ反さんは愛車のクロスバイクで。
以前は2人で札幌まで走りに行ったりしたもので、久しぶりにまた2人でロングライドです。

ブルベで走り慣れた道を快調に走ってPC2へ。

PC2(滝ヶ原峠)
PC2.jpg

想像以上にイ反さんとペース差があったので、イ反さんペースに合わせて完走する方針で。せっかく2人で走りに来ているわけなので1人になったらもったいないしきっとつまらないでしょう。

DSCN1333.jpg DSCN1335.jpg

PC3では撮影ポイントの目の前に車が止まっていて(^ω^#)ピキピキきました。

PC3(金精峠)
PC3.jpg

イ反さんが下りの途中で蜂に指を刺された模様。
落車がなくて良かった。

PC4は片品村デイリーのレシートチェック

DSCN1337.jpg

PC4を出てそのすぐ後、正面から蜂が飛んできて僕の顔面に直撃、こめかみを刺されました。イテー
なんで2人して蜂に刺されるんだ?

それでもかなり順調にこんろく峠を登頂。

PC5(こんろく峠)
PC5.jpg

下り基調でみなかみへ。

DSCN1343.jpg

PC6に着く頃には少し暗くなっていて、PCを撮影して出発する頃には真っ暗になりました。

PC6(みなかみ町)
PC6.jpg

この区間はクマの目撃情報があったけど既に真っ暗だし頼りはライトのみ。
まーそうそうクマと出会うことないでしょwと余裕ぶっこいて通過。国道17号まで出て少しホッ。

国道17号は僕が自転車でロングライドやるきっかけになった旅路でもあるんですが、あの時はこんな暗い中走れるわけがない、と道の脇にテント張って寝たものです。
今は自転車のライト、ヘッドライトを駆使して全力で三国峠をヒルクライムしているとは。感慨深い。

PC7(三国峠)
PC7.jpg

三国峠のトンネルを越えると新潟県入り。

DSCN1351.jpg

PC8は越後湯沢駅前セブンイレブンのレシートチェック

夜10時過ぎに観光地の駅前のコンビニでジャージレーパン姿の2人が飯食ってるのは何かと視線を集めます。
人目を避けるように再出発。

ここからは知らない道なので間違えないように慎重に。
国道405号はなかなかの鬼畜ぶりでしたが面白いコース。できれば真っ暗な中ではなく昼間に走りたかった。
夜中これ1人で走ってたら途中で泣いてたかもしれません。

PC9(十日町市)
PC9.jpg

DSCN1354.jpg

ここまで来れば折り返しの直江津までもう少し。
しかし時刻はもう深夜3時頃になってるし、道も平坦なこともあって強烈な睡魔に襲われます。
何度もマイクロスリープを繰り返して蛇行運転になっていました。

イ反さん曰く「そういう走り方をわざとやっているのかと思った」

PC10(直江津フェリー港)
PC10.jpg

これで半分の300km終わり!
しかし既に4時。予約していたビジネスホテルにこんな時間に到着するのも心苦しいけど仕方ない。
チェックアウトは10時までなので、ギリギリまで寝ることにする。
大浴場の温泉で寝落ちしそうになりつつも部屋に戻って3時間半ほど睡眠とって午前10時過ぎに再出発。

関田峠は難所と聞いていたので覚悟はしていましたが、
上り始めから非常にえぐい。
途中で少し緩くなったと思いきやまた急坂が続きます。なにこれ・・・

ひーひー上ってると前から車がやってきて、なんとK林さん登場。
まさか応援に駆けつけてくれるとは!奥さんとドライブの途中だということですがこれは嬉しいサプライズでした。だいぶ元気出た。

関田峠頂上手前でイ反さんを待つために光ヶ原高原の休憩所でアイス。

DSCN1358.jpg DSCN1360.jpg

イ反さんと合流後、更に流しそうめんも食べることに。

DSCN1363.jpg

流しそうめんを食べてる間、突然雨が降ってきて「うわー」となりますが少し待てば止みそうだったので、時間を潰して止んだところで再出発。

PC11(関田峠)
PC11.jpg

上りが急なら下りも結構急でした。

DSCN1368.jpg DSCN1370.jpg

しかしかなり景色の良い田園風景。
こういう所での生活はどんな感じなんだろうと思いを馳せます。

DSCN1372.jpg DSCN1376.jpg

PC12は湯田中駅前ローソンのレシートチェック

もうすぐ日が暮れるという事実に愕然。
昼前に出発してるんだから仕方ないけど昼間の走行距離の方が短いって何かおかしい気がする。

渋峠を上り始めてしばらくすると日入りを目撃。ああ日の出が待ち遠しい。

DSCN1379.jpg

上れば上るほど気温が低下。
頂上付近では強い向かい風もあり体温がみるみる奪われていきます。

PC13(渋峠)
PC13.jpg

かなり寒く霧も出ていて視界不良。
雨具を着込み、申し訳ないけどイ反さんを待たずに草津まで下山。
草津温泉近くのセブンイレブンでガタガタ震えながら暖かい飲み物を飲んで体温を上げる努力。いっそのこと次のPCまで下ってしまうか、草津の公衆の温泉浴場に行こうか真剣に悩んだ。

そんな中にイ反さんが到着。時間もそんなに余裕があるわけではないのでさっさと標高を下げる方針で。

PC14は長野原大津セブンイレブンのレシートチェック

PCを出発してしばらくするとポツポツと雨が。
そんなに強くないので行けるところまで行こうとしますが、榛名に向かう手前で雨が本格的に。
ちょうど眠かったし吾妻線の郷原駅で仮眠することに。駅舎の中は寝にくいし、屋根付きの駐輪場に転がってみるものの、数十分で目が覚めた。寒いしキツイ。

しばらく雨は止みそうにないし、諦めて榛名山へ上りにいきます。
その間もずっと雨で、ようやく頂上に着いても寒すぎて逃げるように公衆便所へ。
まだ夜間で利用もないはず、と座り込んで仮眠。全然眠れないけど、保温できるだけマシか。

若干空が白んできたところで気合を入れて出発。
あとは心拍を上げて体温を上げるしかない。ヤセオネ峠まで全力で走った結果寒いながらも何とかなりそう。
榛名湖周りにいた釣り人らしき人達が奇異なものを見るような視線を向けていたのには気づいた。

PC15(ヤセオネ峠)
PC15.jpg

難所は越えた。
ここまで来ればゴールがぐっと近づいた感じがします。

できれば伊香保で温泉に入りたかったけど涙を飲んで下山。国道17号を渡ったとこにあるローソンのイートインで朝食をとって赤城山麓へ。

アップダウンをこなしているとやっと雨が止んできました。
良かった、塗れたジャージがこれで少しは乾かせそうだし、何よりゴールは晴れている時に迎えたかった。

PC16は桐生市黒保根デイリーのレシートチェック

イ反さんは柏尾峠が初めてとのことなので、最後だけキツイよと告げて単独アタック。
残りの力をここで出し切った。

PC17(横根高原)
PC17.jpg

ここでイ反さんを待つつもりが、予想以上に寒く。そりゃ標高1000m超えてるんだし当然か。
先に古峯神社まで下り、そこで饅頭を買って一息。

あとはもう全部下りのはずだしゴールを確信。

PC18(ゴール)
PC18.jpg

無事に53時間46分で完走。

新鹿沼駅で帰りの特急券を購入。さすがに3連休だったこともあり混雑してるので次に乗れる特急まで時間に余裕がある。
ファミレスでハンバーグを食べ、ニューサンピア栃木まで寄り道して温泉でまったり。

帰りの電車では爆睡でした。

終わった直後はまた走りたいとは正直思ってなかったけど、記事を書いてるうちにまた走ってみようかな、という気になってます。

忘れやすい頭って怖いねー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

へばな

お疲れ様でした&完走おめでとうございます!
「渋峠」やはり夜でしたか。風景が見えない登りは長く感じますよね~(^_^;)
「詳細レポート」楽しみにしております(^_^)/

Kaol_Supple

遅れまして。完走おめでとうございます。SR600は2年後の課題にしています。
でも、詳細レポ楽しみです。

ふぃりっぷ

>> へばなさん
遅くなりましたがありがとうございます!
せっかくの知らない道も夜だともったいない感じがしましたw また走る機会があれば時間を大きくずらしてみたいですね~

>> Kaol_Suppleさん
こちらこそ本当に遅れまして、ありがとうございます!
宇都宮のブルベを走ったことがあると、このコースは7割ほど知ってる道になるので比較的走りやすいのかなと思いました。
記憶が飛んでることもあってあまり詳細に書けなかったのが悔しいです。また走らなきゃ・・・

ふつうのパパ

完走おめでとうございました。
神六峠への道で、やはり蜂に刺されましたか。私めは、その影響かkらか心拍が急上昇してアウトでした。
9月でも夜で雨の渋峠はやばいですね。なんか、標高が高いところが夜だったみたいで、スタートのタイミングが難しいですね。
参考にさせていただき、来年再挑戦です。

イ反

お疲れ様。
直江津手前のマイクロスリープは忘れられないなー
こう読んでみて、本当にずっと待っててくれたことに感謝です。
修行して、できるだけおんなじ位のペースにしたい所です。
しかしブルベは奥が深い。
通常の600の方も早く走りたいです。

ふぃりっぷ

>> ふつうのパパさん
パパさんも蜂に襲われてたんですね!wしかもその症状はちょっと気になりますね・・・結果は残念でしたがまた来年挑戦ですね!
スタートのタイミングは確かに難しいですね、12時間ずらして2回走ってみるのもいいかなと思ってるところです。

>> イ反さん
本当にお疲れ様です!
紫穂さんは参加できなくて残念だったけど、今回2人で走って2人とも完走できて良かった。
ペースが一致するってなかなか難しいと思うけどお互いゆっくり走っても完走できるレベルになりたいね、来年も、スタートを12時間ずらして走ってみる?

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。