スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルベ~Gold Rush Randonnee 1200km ③~

ブルベ~Gold Rush Randonnee 1200km ②~より

■Oroville Control ~ Tobin Resort Control (218km)

Orovilleを出てから少しアップダウンをこなすといよいよ本格的な登り道になってきました。
長そうなのはわかるんですが、真っ暗なので先がよく見えず、遠くに赤いテールランプがちらちら見えるので彼らを追うだけです。
何人かパスしていくと、徐々に雨が強くなってることに気づきます。
あれー?天気予報では翌日は雨が止むはずだったんだけどなぁ・・・
甦る去年のRockyMountainの記憶。前半600km雨だったアレよりマシだけど、せめて明日越える予定のコース中最高標高地点を越える峠前には止んでいただきたい。

それにしてもこの登り、斜度は緩くて好きなので非常に走りやすい。
標高が上がって気温も下がってるはずですが今のところ体温でカバーできてるので快調です。

そしてPCへ。結構大人数が既にいましたが、僕が到着したタイミングでゾロゾロ出ていくような感じ。よし、追いついてきてる。

DSCN0380.jpg DSC_0254.jpg
※右の写真はカメラマン撮影

ここではトーストやちょっとした卵料理をいただけました。
出る時の受付で@kazuakさんの事何かわかるか聞いてみたら、DNFしたとのこと。うーん、それほどの怪我だったか・・・残念すぎる。


■ Tobin Resort Control ~ Taylorsville Control (316km)

出る時は真っ暗で、休憩した後だったので寒くちょっとペースアップ。
うっすら明るくなってきてしばらくすると、序盤の第2集団メンバーに追いついてきました。ふひひ!

DSCN0382.jpg

彼をパスしてからはテンションも上がってきます。
なお、このPC区間には2つのクエスチョンポイントが設定されていました。
登りが落ち着いてきたところでまず1つ目。
ブルベカードに質問の内容が書いてあります。
「向かいにあるカフェショップの名前は?」

DSCN0383.jpg

えー、Anna's cafe ・・・と。

そこから25kmほど進むと2つ目。
「消防施設の名前は?」

DSCN0387.jpg

えー、Indian Valley Fire Rescue・・・と。

実際のところまだ雨が少し降ってたのでブルベカードには答えを書かず写真だけ撮って次のPCで書き込みました。
こういったクエスチョンポイントはたまに日本のブルベでも設定していますよね。
今回のコースでは往路だけこの区間は遠回りに設定されているため、遠回りに走っていることを確認する手段でしょう。

そしてPC到着。もうほんと田舎って感じです。

DSCN0394.jpg

ここではオムレツをお替りしちゃったな。

DSCN0389.jpg DSCN0393.jpg


■ Taylorsville Control ~ Boulder Creek Work Center (355km)

ここからもまだ登り基調が続きます。
メインの峠越えまであと50kmぐらいこんな感じなのかな。

DSC_0362.jpg
※カメラマンさん撮影

それにしても止みそうで止まない雨でしたが、
次のPCに着く頃にはほぼ止みました。良かった、これからメイン峠だもん。

ここのPCはキャンピングカーが止まっていて、暖かい飲み物だけいただき、補給食を補充してすぐに再出発。


■Boulder Creek Work Center ~ Susanville Control (412km)

さていよいよコース中の最高標高地点へ向けてヒルクライム。
一気に斜度が上がりましたよ・・・

DSCN0397.jpg

もくもくと登り、最後の方で前方に1人見えてスパート。
なんと頂上にカメラマンさんが待機されていたのでとりあえずガッツポーズを決めておきましたw

DSC_0409.jpg
※カメラマン撮影

すぐにダウンヒルが始まるかと思いきや、しばらくアップダウンが続きます。うへー
そしてダウンヒル。これがまた斜度が急でスピード出まくって怖い。
いま下ってる分は帰りに登るんだよな・・・などと考えちゃいけないことを考えてしまいます。

下りきったらあともう少し、ですがコンビニが出現し、他の人も寄ってたので自分もふらふらと寄ります。意思が弱い。

DSCN0399.jpg DSCN0400.jpg

ホットココアを買って一息。
ここからはレインウェアもいらないですね。

やっと全工程の1/3をクリアしてSusanvilleへ。

DSCN0402.jpg DSCN0404.jpg

なんと受付は女の子です。

DSCN0405.jpg

か、かわいい・・・思わず写真を撮ってしまいましたよ

それはさておき、ここにドロップバッグを置いておいたんですが、正直あまり用がない。
替えのジャージは1着しか入れてないので、復路で着替える予定。
少し眠かったので1時間だけ寝ることにしました。

1時間寝ただけでもだいぶ眠気がスッキリ。
まだ明るいし、次の仮眠可能なPCまでは110kmほど。そこまでは下り基調だと聞いたので今日中にそこまで行くことにします。


■ Susanville Control ~ Grasshopper CDF Station (466km)

出てすぐに登り。これがまた微妙に長い。
これさえ越えれば下りのはずと信じて登頂。

DSCN0407.jpg

振り返ると平原が広がってて向こうには虹が!

DSCN0409.jpg

あとはひたすら下り!ひゃっはー
向こうに大きな湖も見えてきて景色は最高じゃないですか。

DSCN0413.jpg DSCN0417.jpg

下り基調なおかげで湖沿いもかなりスピードが乗ってあっという間に次のPCでした。

DSC_0511.jpg DSCN0424.jpg

ここはキャンピングカーではなく、トラックでしたね。お菓子など軽食をパクリ。


■ Grasshopper CDF Station ~ Adin Control (521km)

それにしても凄まじい景色。道が向こうに霞んで見えるので途方に暮れそうです。
下り基調であることが救い。まあ帰りにはここ逆に走るんだけど・・・考えない考えない。

DSCN0427.jpg DSCN0430.jpg

だんだんと日が沈んできて空も暗くなってきます。
昨日の夕方からずっと走ってきて既に24時間以上経っており、結構疲れがたまってきてます。
早く次のPCへたどりついて寝たい。

10kmぐらい手前で完全に真っ暗になりましたが向こうにAdinの町が見えてきてるのでもうひと踏ん張り。

DSCN0433.jpg

軽く食事して、歯を磨いてすぐに寝ます。


■ Adin Control ~ Alturas Control (590km)

4時間ほど寝て、飯食ったりして3時半頃に再出発。

またもやいきなり登りです。
まだ真っ暗な中、1人でひいひい登ってると、反対側からブルベライダーが2名、「アレ!アレ!」と叫びながら下って通り過ぎていきました。
え?まさかもう折り返してきたのか!?速すぎる!距離的に考えても寝ずに走ってるとしか。既に700km近く走ってるわけだ・・・

そして頂上。

DSCN0436.jpg DSCN0438.jpg

ああ、いよいよ日の出。2回目の日の出ですが、雨じゃないから今回のようなシーンを待ってましたー

DSCN0441.jpg

その後の平坦区間は途中で飽きた。

DSCN0443.jpg

町に着いてPCに入ろうと思ったら隣にある自転車屋のおっちゃんが
「おいキミちょっとこっち来てくれよ」

ん?てっきりそっちがPCなのかと思いましたがそうではないようで、
「Davisから走ってきてまた戻るんだって?自転車にトラブルはないか?何でも言ってくれ」

おお…なんという親切なおっちゃんや。まだ朝早いのに。
でも大丈夫、今のところノートラブルだよ。
「そうか、残りも頑張ってくれ!」

みたいな展開に。

DSCN0446.jpg

ここではワッフルがあったのでメープルシロップかけまくって食べた。ウマー!
そこそこ大きめな街だったので携帯の電波がつながるかと期待したけどダメでした。。


■ Alturas Control ~ Davis Creek Control (623km)

短い区間でたった33km弱。
しかもスーパー追い風区間でした。うおお、まさかここにきて時速40kmで巡航できるとはああ!
いや、しかしたまに反対側から走ってくるブルベライダーは明らかにツラそうに走ってます。そりゃそうだ…
自分が復路を走る時は風向き変わってくれないかな、などと調子のいいこと考えつつ折り返しPCに到着です。

DSCN0448.jpg DSCN0451.jpg

ここにはだいぶお歳寄りなスタッフがいて、サンドイッチを作ってくれました。

DSCN0455.jpg DSCN0452.jpg

トマトだけもらっていい?
「もちろんよ、どんどん食べて。他の皆はあまり食べてくれないのよ、とても美味しいのに」

確かにトマトはすごく新鮮で美味かった。これだけ量があるとたぶん残ってしまうだろうな、もったいない・・・
先ほどのPCからの距離が短いため、あまりここでは補給が必要とされないんじゃないだろうか。

自分一人がムシャムシャ食べまくってると、後続のライダーが4名ほどやってきました。
彼らもサンドイッチを食べ始め、自分もお腹もいっぱいになったところで、さて、このスーパー向かい風に立ち向かうか…しんどそうだなぁ…
等と思いながらお婆ちゃん方に挨拶して行こうとすると、先ほどの4人のうち1人が

「おいおいキミ、この向かい風の中を1人で走る気かい?止めはしないが、良かったら一緒に走らないか?こちらももうすぐ出発するからさ」

え?あ、はい!

思わぬ声がかかって挙動不審になりましたが、お言葉に甘えて一緒に行くことにします。
まさかここでグループライドができるとは・・・
序盤の高速集団走行とは違って明確な目的を持ってグループで走るのは一味違うはず。否応なしにテンションが上がってきます。


④へ続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

さとう◎

思い出した。僕のときはスーザンビルから先のイーグルレイク沿いの荒野は向かい風でした。
スーザンビルの先の峠に立ったときに、びゅーびゅー風が吹いていた・・・。泣いた。

ふぃりっぷ

>> さとう◎さん
あの大きな湖はイーグルレイクでしたか!あの辺何もないせいか風がやたら強くなる傾向ありそうですねw今回スーザンビルの先ではそれほどでもなかったですが、復路で泣くことになります!

へばな

・カメラさんの写真に写ってるふぃりっぷさんが、いいですね~。 このブルベのカバーに使えそう (^^)v

・1200kでもふぃりっぷさんは持ち物少ないんですね。 それとPCでの補給食の補充って、自由にできるんですか?たくさん置いてあるとか。

・アメリカでも「カップヌードル」食べるんですね (^_^;)

・後半が楽しみです。

ふぃりっぷ

>> へばなさん
持ち物は200~600kmの時とあまり変わらないですね、着替えや電池などはドロップバッグですし・・・
参加費が高い理由の1つでもありますが、PCでの飲食は全て自由で、そこでお金は発生しないです。またPCにはエナジーバーみたいな補給食も置いてあるので、それも自由に持っていけるんですよー
向こうのスタッフの方が「ジャパニーズヌードルは最高だよ」とおっしゃってましたよw

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。