スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOT2012~東京大阪往復~

前記事でも触れましたがTOTに参加してきました。

結果としては
東京日本橋~大阪梅田新道は33時間15分(サイコン値554km)、そこで戦線離脱して奈良へ暗峠越えていって宿泊、翌朝新幹線で帰宅しました。

なおこのタイムはキャノンボールのそれとは異なるので何の参考にもならないと思います。というのもスタートからゴールまでソロではなく複数人でずっと走ってました。一人だったらもっと遅かったでしょう。


金曜日はせっかく仕事休みにして直前まで寝る計画でしたが結局寝られず。
こんなことなら金曜でなく週明けの火曜を休みにしておけば良かったといまさら後悔。

23時半前に日本橋に到着。既にお見送りの方が多数おられました。

CIMG2034.jpg CIMG2037.jpg

ばる子さん(@barubaru24)さんやキクミミさん(@kikumimimotors)さんなど、0時スタート組は6名だったと思います。
途中まで追走組の方々も交えて0時に出発!

CIMG2040.jpg

途中でチャリモさんがアタックして見えなくなり、戸塚でばる子さんがR246へ向かわれ、こちらは@pa4fik0さん先頭に4名(あとキクミミさん、なるさん、ふぃりっぷ)で小田原へ。
登り前のローソンで休憩を挟んで、ここでみんなバラバラに。僕はなるさんと同時に箱根の旧道へ向かいます。

実は旧道を走るのは初めてだったり。まだ早朝とはいえ真っ暗なので車の通行はほぼなし。
斜度がきついとこもありましたが順調に上って箱根峠頂上。やっと少し明るくなってきた。

CIMG2041.jpg CIMG2043.jpg

三島への下り。ハッと綺麗な景色に思わず停止してパチリ。

CIMG2044.jpg CIMG2046.jpg

下りきったあたりでバイパスと間違えて下道通ったら信号が面倒で手間取る。
そしたらすぐ後ろから来たキクミミさんと、三島でキクミミさんを待ってたユキカゼさんの2名と合流。3人でひたすら南へ。
ユキカゼさん先頭で由比までワープするように走りやすい道を案内してもらいながら疾走。時速40km出たりするもんだからついていくのに必死。

正直、あまりのペースに脚を使いすぎそうになってすぐに離脱しようと思いましたが、僕がチギれそうと悟ったのか徐々にペースが落ち着いてきたのでギリギリ踏みとどめられました。もし意図的にペースを落としていただいてたのなら本当にありがとうございますm(_ _)m

由比らへんの若干走りにくいルートを通過して静岡へ。
実は清水で右折する箇所に気づかず少しミスコースしたり。

CIMG2052.jpg

宇津ノ谷峠を越えたところでユキカゼさんがパンク。
たしか浜松手前あたりで僕もパンクしました。

天竜川。
CIMG2054.jpg

弁天島あたりのコンビニで先行していたチャリモさんと合流。1時間ぐらい前に到着していてトイレで格闘中だったとか。
ここから4人で名古屋へ向かいます。

CIMG2056.jpg

ぎりぎり日が沈みきる前に名古屋に到着。
ユキカゼさんは当初の予定をオーバーして名古屋まで来てしまいました。ここで離脱。またどこかで~

3人になったところでラーメン屋さんにIN。今日初めてのまともな食事。

CIMG2057.jpg

そしてここからナイトランになります。
空模様も怪しく、少しポツポツと降ってくるなど。やだなー、本格的に降ってくる前にどこまで行けるか。

四日市をパスして一気に亀山へ。以前鈴鹿でレースに参加した際に亀山IC近くのルートインに泊まったことがあり、その隣のファミマは外に屋根があって外に椅子とテーブルが置いてあるのを記憶してて、なんとかそこまで。

到着してすぐに雨が本降りに。うわーギリギリだった。気温もみるみる下がり寒くなってきました。
3人とも?走行する気がしないわけでしばらく雨宿りして仮眠もとることに。できればルートインで部屋とってしまおうかと検討しましたが、既に満室で野宿決定。

僕は机に突っ伏して3時間ほど意識がとんでました。
起きたらキクミミさんはサバイバルシートにくるまって爆睡中でした。効率良さそうに寝てて関心してしまう。

ひとまず雨自体は止んだようです。そろそろ行こうかと準備してるところで、大阪発キャノボ中のゲンスケさんが目の前を通過したので応援。

3時過ぎだったと思うけど3人で再開。鈴鹿峠へ向かいます。途中で横からガサガサと聞こえたり。
亀山以降のルートは僕は初めての走行でしたが、鈴鹿峠は全然きつくなく通過。一気に滋賀へ向かって下り。

徐々に明るくなってきて京都を通過。
早朝だとあまり混んでなくて良いですね。

CIMG2058.jpg CIMG2059-2.jpg

大阪に入る頃には交通量もそこそこ増えてきましたが、平坦基調なのでペースは速い。
しかし徐々に信号も増え、ストップアンドゴーをひたすら繰り返して、ついに梅田新道に到着。

CIMG2060.jpg

7時間ぐらい前に既に@pa4fik0さんが到着されていて、こちらの到着を見計らって出迎えてくれました。
ちょっと自転車を止めて駅地下の飲食街へ寄って朝ごはん。

地上に戻ると@barubaru24さんや応援の方々も多数集まっておられました。
僕はもう東海道の走りにくさ(信号の多さ、交通量の多さってのがでかいと思う)に辟易していて復路を走る気がまったく起きず、ここでリタイアを宣言しました。

後に@barubaru24さん曰く、こういう道だと知っていて覚悟済みだと何とかなる、とおっしゃってましたが、なるほど、確かにそうかもしれないと思った次第です。

@barubaru24さんが復路へ出発していったのを見届け、僕は悪名高い暗峠に挑戦しようと奈良方面へ向かうことにします。
R308をひたすら東に。だんだんと目の前に山の壁が見えてきます。
R170との交差点を過ぎたあたりから、いきなり坂道になっていくんですが、正直どこが正規の登り口なのかよくわからず、とりあえず線路をくぐったところまでは比較的緩め。線路を越えたところから路面も全て丸溝ゾーンになり、あきらかに斜度が上がっているのがわかりました。きっとここから本番でしょう。

CIMG2061.jpg CIMG2062.jpg

しかし全く国道って感じじゃないですねw
目標はとにかく押さずに走りきること。初っ端からインナーローにいれてクルクルとまわしていきます。

うおーすげー、つかれるなーと思って前を見てたら更に斜度が上がる、もはや壁みたいな道が見えてきて愕然w
思わず横にそれて一時停止w

CIMG2063.jpg CIMG2064.jpg

なんじゃこりゃあ・・・
とにかく行くしかありません。このレベルになると、ダンシングやると後輪がスリップして空転するんじゃないか?という気がしてひたすらシッティングをキープ。結局最後までずっとシッティングで走ることになります。

シッティングでもフロントが浮き上がりそうになり、必死に前に過重をかけながらだからとにかく疲れる。
TOTでは汗をかかないように走ってきてたのに、ここではもう滝のように汗が流れます。ぐぬぬ・・・

路面は途中で結構幅がある溝が多く、その上を通過する際は本来平坦であればガタンといくわけですが、フロントは浮き上がる寸前になっているためか、溝の上をスーっと走るんですよね、一瞬浮いてる。

CIMG2066.jpg CIMG2067.jpg

ハイキングでここを歩いてる人が結構いました。
何人かの方々には「ガンバレー」とか「すごい」みたいな声をいただくんですが、すみません、全然返事できませんでした。

CIMG2068.jpg CIMG2070.jpg

このあたりまでくると20~30%超の道が普通に感じます。

CIMG2071.jpg

ついに頂上!何故か石畳でした。

CIMG2074.jpg

思わず茶屋に寄って冷やしぜんざいをパクリ。

CIMG2077.jpg CIMG2078.jpg

反対側の下りも急でしたが、大阪側ほどではないと思いますね。
しかし下りはタイヤが熱でパンクしないかものすごく気をつかいました。途中何度も止まってはホイールの熱を冷ましたり。

CIMG2080.jpg

下ったあともひたすらR308で奈良へ向かいます。

CIMG2081.jpg

誤算でしたが、まさか暗峠を越えたあともまた30%近くの坂を上ることになるとは。この国道おかしい。

CIMG2083.jpg CIMG2085.jpg

奈良に着いてビジネスホテルを確保。ついでに県庁に寄って奈良県庁をゲット。

CIMG2087.jpg

朱雀門。

CIMG2089.jpg

明日は三重県庁寄って伊勢からフェリーで伊良湖まで、と思いましたが、そもそも世の中は3連休で明日は新幹線が激混みしそうな予感。
始発でさっさと帰ることに。

CIMG2090.jpg

東京駅から帰宅する途中で何気なく国道元標に寄ってみました。片道だけでしたが今の自分には充分です。
来年あっても参加するかどうかわかりませんが、4日間の休みが確保できればR20-19ルートつかってグルっとまわるルートにしてみたいと思います。

CIMG2091.jpg

最終的に@barubaru24さんとキクミミさん、チャリモさんの3名が67時間ほどでゴールされました!
速すぎです・・・、そして完走おめでとうございました。



走行距離: 666.6km (スタジャンHT)
10月走行距離: 725.1km
スポンサーサイト

コメントの投稿

へばな

「TOT」お疲れ様でした。 なんせMTBですからね~、凄いことですよ!

帰りは「暗峠」の超激坂を登っちゃいましたか! あそこは「酷道」として有名ですからね~。 

「TOT」やってみたいけど、大型などの交通量が多くてきらいです(T_T)

貧脚汽車

フィリップさん
始めまして。
私と比較すると、2~3倍の距離を走っている様です。
月間、400kmでも自転車の消耗がかなり激しいです。
フィリップさんの記事からは、その距離に対しての消耗品のメンテナンス作業が相当かかっていると思われますが、その様な記事が見当たらないのです。
個人的に知りたいのですが、記事にする時がありましたら、宜しくお願い致します。

ふつうのパパ

東京~大阪の帰りに暗峠っていうアイディアがすごい。

国道1号線は免許とりたての30年も前に豊橋から日本橋まで走りましたけど、車でもキツカッタ覚えがあります。ずっと交通量が多いし、走りにくいですよね。
まあ、片道で十分でしょう。

ふぃりっぷ

>> へばなさん
いやいや、東京から大阪までママチャリで走ってる人もいるみたいですよ!
暗峠は以前から一度行ってみたかったので良い機会でした。素晴らしい酷道でしたw
ブルベで慣れちゃったイメージがあるとあの交通量はかなり気になりますね、AJ宇都宮のルートが自転車にやさしい、というのを感じましたw

ふぃりっぷ

>> 貧脚汽車さん
初めまして!メンテナンスですか~、実は僕メンテナンスが苦手というか面倒に感じてしまう人間でして普段からろくにやってないんですね。。。
ざっくりですが、
・タイヤ、ブレーキシューは半年~1年で交換
・ワイヤー、チェーンは1年で交換
・1~2ヶ月に1度チェーンをクリーナーで掃除
この程度なんです。
だいたい冬の終わりあたりに交換をしているのでその際は改めて記事にまとめてみますね!

ふぃりっぷ

>> ふつうのパパさん
暗峠は以前から行きたかったので良い機会でした。
往復するにはしんどいものがありますね、やはり1周するようなルートでないと続けられない気がします。
しかし車で東海道ですか、燃費も酷いことになりそうですねw

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。