スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルベ~BRM908宇都宮300km(GANDU)~

群馬200kmから続きます。

21時過ぎ頃に宇都宮森林公園に到着。自分は24時スタート組になりますが、22時スタート組の皆さんに挨拶。
心なしか参加者の数が少ないようでした。群馬では雷雨もあったし、天気予報が微妙だったせいもあるかもしれません。

ブリーフィングが始まった時点でそそくさと車の方へ退散。1時間ぐらいしか寝られませんが仮眠をとることにします。
はっと気づいたらすぐに23時になってたのでちょっとは眠れたようです。着替えて受付へ。

以下、AJ宇都宮HPから引用。

坂バカたちを魅了する「USG2012」ここに終幕。
 AJ宇都宮によって企画された【山岳】ブルベの300km拡張版。その過酷なコースを完走するため、赤城山への上りを余儀なくされる。
 時間内に帰るために USG2012を達成するために それぞれのブルベカードを胸に ヒルクライムの中で走る希望を見出し始める参加者。
 しかし、新たに降りかかる絶望的な金精峠。そして、残酷な霧降高原。
 極限状態の参加者に残された"究極の選択"とは・・・。
 AJ群馬によるBRM908群馬200kmと連続参加して完走した者には「GANDU PERFECT CLIMBER」の称号も授与!

 初心者のサイクリストは、友人のランドヌールに唆されてしまったことで、【山岳】ブルベにエントリーしてしまう。【山岳】の世界で参加者たちは、AJ宇都宮に指定された山々への登坂を続け、到着したPCによって与えられるシールを集めることで、ブルベカードの完成を目指していた。
 完走するまで終わらないブルベの中で、友人においていかれてしまった初心者。次のPCで友人が待っていると連絡を受けた参加者は、追いつくことを目標に、"時間がどんどん失われる戦い"を続けていた。
 過去に【山岳】を完走し、USGとなったランドヌールたちが合流、心強い仲間たちとともに距離を稼ぎ、順調かに見えた初心者。しかし友人との再会後も、次々と峠が出現し、走行計画の何かが狂い始める。そして金精峠を乗り越えて次に向かうのは、ゴールではなく霧降高原だった。時間内に帰宅するためにリタイアするものも現れ、初心者は完走するために精神的な葛藤を強いられる。

キャッチコピー:  「大切なメダルをゲットするため、彼らが補給に摂るものとは」


これ読んで思ったのが、たぶん初心者は参加していないっていうw

コースはこんなん。



前半の100kmはとにかく時間を稼ぐ区間。中盤以降はいかに睡魔をおさえつつ登り続けるか、ですね。

わずか数名(8人ぐらい?)の受付、ブリーフィングを経て24時にスタート!

平坦や下り基調な場合、ロードと比較してMTBはとにかくトップスピードが遅いので2~3名で走る方々の後ろにつかせていただきました。
せめて75km先のPC1まではスピードを上げて頑張って、少しでも多く貯金を作っておきたいところです。

道中いつのまにか2人になって、K林さんがずっと前を曳いてくれました。本当にありがとうございます。
老越路峠に差し掛かるあたりからちょっと会話してると、K林さんも同い年の29歳で、しかも学校は違いますが同じ「高専」出身だということが判明。これは・・・w
気のせいかもしれませんが、平均年齢が高いブルベ界において、自分と同い年のランドヌールが意外に多い気がします。そういう世代なんでしょうか。

老越路峠を登ってると後ろから一人すごいペース(必死?)で登ってきてあっという間に前に…!22時スタート組の@eijitomさんでした。
抜かれた時に「あと33分…!」とつぶやいてたけど、・・・まさかPC1のクローズまで!?距離は覚えてないですがたしか残り15~6kmぐらいあったはず。その時は「いや、さすがに厳しくないか」と思ったんですが、峠の下りで稼げればもしかして?と思い、@eijitomさんを追います。どこかで少しでも助けになれば曳くつもりでした。

案の定、峠の下りは真っ暗。ここで2人の前に出て飛ばします。路面が不確かなところではMTBの方がリスクが低いでしょう。時間がやばいのでライン取りやブレーキングにおいては、動物が飛び出してくることを無視しました。その代わり激突するかも、という想定を常に頭の片隅に入れておきます。

PC1に近づき、道が広くなって直線になったので2人をお見送り。タイム的には間に合いそうで一安心。
ここで脚を使っちゃったのでしばらくは回復走で。
結局自分は75km地点のPC1で2時間の貯金を確保できました。結構でかい。

今日唯一の固形食であるパスタを食べて、クリームパンを背中に忍ばせて出発。ここからは一人で。
信号が多い区間をまったり走ってPC2へ。
残り200km、ここからは登りまくりの区間。ウィダーインゼリーを2つほど買って出発。

まずは赤城山。昨日とは違うルートで、県道16から登ります。去年の山岳ブルベ3日目で下った道ですね。たしか斜度がきつかったイメージがあります。

赤城神社へ向かう道で睡魔に襲われてふらふら登ってると、後ろから宇都宮200km組の集団に抜かれました。速すぎてまったくついていけませんが、前に人がいると眠気が覚めるので少しの間だけ必死についていこうとしたけど、すぐにチギれました。orz
あれがフレッシュな脚の強さか・・・あれ?あの中に群馬から連続参加のふつうのパパさんもいたのかな。

本格的に登り始める赤城神社前あたりからまたもや睡魔が厳しくなってきて、登りながら仮眠場所を探します。
GoogleMapでみると忠治温泉かな?そこの広場にベンチがあったのでゴロリ。うつらうつらしてると10分経過。日が昇ってきてちょうど直射日光になり暑くて余儀なく起こされました。

それでもだいぶスッキリして気合入れて登坂。しばらくするとシークレットPCでした。

CIMG1959.jpg

チョコを少しいただいて再出発。4kmほど登るととりあえず頂上。

CIMG1960.jpg

この後も登り返しがあって、下りは昨日と全く同じルート。

CIMG1961.jpg

ただ昨日の夜に雨があったので路面のコンディションが昨日の状況とは異なってました。土砂が路面上にあったりするのでところどころ慎重に。

そして国道120に出て、昨日立ち寄ったコンビニがPC3。あと120kmちょい!
ソフトで補給して、いざ金精峠へ。

まあこの登りはとにかく長い。すぐにまた睡魔に襲われてふらふらとドライブインへ。高原牛乳を飲んで再出発。
また眠くなったら今度は出力をあげてダンシングしながら心肺に負荷をかけます。
それでもダメで丸沼高原を過ぎたあたりで、なんとかダムっていう入り口で転がってみました。しばらくしたら1台の車が入ってきたんですが不審そうにジロジロ。ほっといてください・・・

ここでも10分ほど目を閉じるだけでしたが、少しスッキリして一気に頂上へ。

CIMG1963.jpg

下りは思いっきり飛ばせると思ってたのに車が多く結構残念な下りに。
戦場ヶ原にもシークレットPC。
AJ宇都宮のスタッフの方々には残り数名のために遅くまで長い時間の待機ありがとうございます、としか・・・

いろは坂もバスの後ろでイライラしながら下り、日光から霧降高原へ最後の登り。
いやー、これはえぐかった。
ルートプロフィールを把握せずに参加しているので、いったいこの登りがいつまで続くのかと。てっきり標高1100mぐらいかと思ってたら1400m以上まで登るんだもんな。
そういえば猿も結構見かけました。

CIMG1965.jpg


反対側に下るとPC4の大笹牧場です。

CIMG1967.jpg

ここでは予想通りにへばなさんがおられました。
長い時間お待たせしてしまいました。。

ここでもソフトクリームを食べて、残り45km、ほとんど下りや平坦のみ。
残念ながらここの下りでも車が遅くてイライラしつつ・・・しかし再び睡魔に襲われてきました。

途中でふっと意識がとんで危うく路側帯のブロックに突っ込みそうになってこれはアカンと、ちょうど公園が近くにあったので緊急避難。
ベンチに転がってふっと気づいたら30分過ぎてました。あぶないあぶない、ゴール手前20kmで寝すぎてタイムアウトなんてしたら洒落にならない。

再出発すると、すぐに後ろからAJ宇都宮のスタッフカーに追い抜かれました。PC4はもうクローズしたんですね。じゃあ後ろにいたはずの数名ももしかしたら寝てる間に抜かれたかも。

最後は脚をつかいまくりで頑張ってゴール。17時間55分でした。

そしたらその5分後に4名が一気にゴール。途中からずっと一緒だったそうで、いいなw僕も一緒に走りたかったw

CIMG1968.jpg

すぐに外が真っ暗になり、遅くまでグダグダしてましたが19時半頃に退散。
ただおみ温泉でさっぱりして高速へ。

やはり眠くなったので佐野SAで仮眠をとろうと横になったところ、次に気がついたらなんと午前2時半。
げ! レンタカーの返却は午前3時までなのに! 4時間以上、運転席で寝てしまったようです。
すぐにレンタカーに電話して遅くなる旨を告げて、ゆっくり帰宅。
返却は結局1時間半以上遅れてしまいましたが、すぐに電話したのが良かったらしく延滞料はサービスしてくれました。ありがたやー

これから家で少し寝て会社へ向かうわけですが、今日はまともに仕事できる気がしませんね。
たしか去年も山岳ブルベ後はもう参加しない、とか思ってた気がしますが、今年も同じことを思いました。

でも来年もこういうの用意されちゃったら参加せざるを得ない気がします。

CIMG1969.jpg




走行距離: 303.7km (スタジャンHT
9月走行距離: 692.3km
スポンサーサイト

コメントの投稿

あおあお

フィリップさんすげーーーーーお疲れ様でした。
後ろから何時来るのかとソワソワしていましたが
寝ていたのですね^^

霧降の標高が1100mくらいだろうと思っていたのは同意します。

ちゃりけん

群馬でのスタートのあと・・・次会えたのは宇都宮のゴールででしたね!
どんだけ遅いんだオイラ(^^:)
完走おめでとうございました俺。あはは。
次回もゴールしますぜ。

ふつうのパパ

お疲れ様でした~。
忠治館前で気持ち良さそうに寝ているのを見て、羨ましかったです。
鎌田のPCで先行させていただいて、何時ぶち抜かれるかなと思ってましたが、睡魔にやられちゃったようですね。
しかし、キツカッタなあ。

K bayashi

老越路峠ではお世話になりました。
お話しながら二人で上れたので、あの恐ろしい道もなんとかなったと思っています。
しかし、ふぃりっぷさんも高専ですか・・・
高専には、なんというかストイックで一風変わった人間が多かった気がします。
そう言う人間がブルベにはまってしまうのかもしれません(笑)

完走、お疲れ様でした!

ふぃりっぷ

>> あおあおさん
いやーほんとにお疲れ様でした。今回はまったり走られてたんですね、それが正解ですw
基本的に睡魔には連敗中なので今回も何度か負けました。
残り少ない体力の時は、どこまで登りが続くのか把握しておくっていうのは大事だということがわかりましたw また来年も?よろしくお願いします。

ふぃりっぷ

>> ちゃりけんさん
群馬連戦での完走おめでとうございました!スタートがちょっと遅れ気味だったにも関わらずさすがでしたね。途中会えなかったですが、後ろ5分のところにいるってわかってたら途中で待ってましたよw一人で睡魔と闘うのはツライです。

ふぃりっぷ

>> ふつうのパパさん
群馬連戦おめでとうございます!
いやーあの時通過されたのはパパさんだったんですねw メガネ外してたこともあって手は振ったものの誰だったのかさっぱりわかってませんでした。途中のPCでお会いできて良かったです。また来年もよろしくお願いします。

ふぃりっぷ

>> K bayashiさん
群馬連戦の完走おめでとうございます!結局全く寝ずに完走されちゃったんでしょうか?いやー若いっていいですなあw
とにかく序盤は曳かれっぱなしでしたが本当にありがとうございました。おかげで途中でも躊躇なく眠れましたw
> 高専には、なんというかストイックで一風変わった人間が多かった気がします。
残念ですがw激しく同意します。
また来年も?よろしくお願いします!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。