スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルベ~BRM804宇都宮200kmロマンチック片道~

今年もまた参加してしまいました。
日本で開催される200kmブルベの中で最難関と思われるAJ宇都宮の山岳ブルベ2連戦の1日目です。世界でも有数の難易度じゃないの?

以下、AJ宇都宮HPより引用。

舞台は日本有数の観光道路・日本ロマンチック街道。2年続けての過酷ブルベを企画。脚自慢の参加者が地図上でコースを辿るうち、過酷な真実がつまびらかになる。参加してみないと体感できない衝撃のコース設定と、ブログのレポートでは伝えきれないスケール感で、高低差のある過激なブルベが展開していく。
 上り坂は、滝ヶ原峠、金精峠、渋峠など8座。宇都宮市森林公園の、古賀志林道からスタート。アップダウンの連続で時間の余裕は無い。金精峠突破で楽になるかと思いきや、主催者が何を思って昨年とコース変更したかは不明のまま、参加者は武尊方面に進路をとる。


キャッチコピー:  「あなたの精神を問う」「このコース、主催者にとって致命傷。」



前日の金曜は仕事を18時に切り上げてすぐに帰宅。上野から新幹線で宇都宮へ。
21時過ぎには駅前のホテルにチェックインして晩飯食いに餃子館へ。ここまで動きに無駄がなかったと思うぐらいスピーディーに行動できたw

CIMG1777.jpg

なんてったってスタートが午前4時なので、睡眠時間のためにも必死になります。
22時過ぎに寝て2時過ぎに起床。最低でも自分には必要な4時間を確保できて良かった。

森林公園に移動して受付。第2ウェーブ。

CIMG1779.jpg

4時になっても思ってたより明るくなく、スタート直後は人の後ろをチョロチョロして古賀志林道を下ったところでやっと明るくなってきた。
すぐに第3ウェーブスタートだったzucchaさんが追いついてきて先頭をひきます。おかげ様でここから一気にペースアップ!m(_ _)m

到底一人じゃ無理なペースで一気に滝ヶ原峠へ。登り口の時点で8人ぐらいの集団になってた気がします。
幸いにもzucchaさんと登りのペースがほとんど一緒だったので少し話しながらヒルクライム。
あおあおさんが先行し、さらにもう一人ブルベでは初めてお見かけした人だと思うんですが、化け物染みた速度で登っていく人がいて唖然。

下りはゆっくり走るらしく滝ヶ原峠下ったら3人に。
いろは坂を登ってる途中でへばなさん達スタッフの方々が車でパスされていきました。誤解を招いてしまったようですが、決して競争してるわけではありません!w たまたま同じペースだったんです!

とはいえzucchaさんは富士ヒルで1時間5分を切ったロード3位の超実力者。本来同じペースであるはずがないのですが、宇都宮までの前日自走と、膝を痛めてるようで調子が悪いようです。
平地ではずっとひいてもらっておきながら金精峠でパスさせていただきました。本当にありがとうございました。

CIMG1780.jpg CIMG1782.jpg

おかげ様で金精峠頂上にあるシークレットPCはトップ通過だったようです。
補給無しで行けそうだったのでそのままPC1まで一気に。手前のヤマザキでパンだけ買ってPC1。

ここではシクロツーリストさんの取材を受けました。
最近ブルベ特集に力を入れてるようですね。ボツらなければ載るかも。


そういえばPC1へ向かうにあたって、去年と違って金精峠を下ってずっと120号を走るわけではなく、途中で奥利根ゆけむり街道に入りました。
このおかげで去年より獲得標高が200mほど増えてるんですが、交通量が少ない快適な道で沼田市街まで走れるようになってました。

あとは一緒。ロックハート城がある権現峠を越えてPC2の中之条へ。
コンビニにあるカキ氷サクレが好きなのでこれで体内を冷やすw

お次は中ボスの暮坂峠。去年もそうだったけど斜度がある割にはキツイ印象がない。日陰があるおかげかも。
ここは頂上にある茶屋でソフトクリームを食べるのが楽しみ。
椅子にすわって食べてると @ba_mos_bearbellさんもご到着、ソフトクリームをご購入。

CIMG1784.jpg


時間には去年より余裕があるので、ここからは明日のために少しでも脚を残さなくては。
暮坂峠を下ったところで後ろからロードが一人。
少しだけ会話してすぐにお見送り、後からわかったんですがこの方が東京-大阪キャノンボールで有名な@barubaru24さんでした。

脚を残す走りとはいいつつ、残念ながら既に売り切れで残すどころではありません。
どこでペース間違ったかなあと思えばどう考えても序盤で失敗してるとしか。

草津にたどりついて定番のセブンイレブンでまた休憩。ここでもサクレをパクリ。
さて最後の渋峠。

やっぱり去年並みの勢いがない。生ゴミのような脚でもくもくと登坂。
そしてゴール。
タイム的には去年より1時間以上早いんですが、反省しきりな走りになってしまいました。

CIMG1785.jpg

頂上でもソフトクリーム食べてから下山。AJ宇都宮が貸切にしているペンションへ。

CIMG1787.jpg

晩飯前に温泉でまったり。
晩飯。想像以上にボリュームがあって食べきるのでいっぱいいっぱい。

CIMG1788.jpg

隣にいたzucchaさんは他のテーブルであまった食材も食べててびっくり。


部屋では談話モードだったんですが、眠すぎて早々にダウンしてました。

しかしロッキー1200を走った直後だったせいだと思いますけど200kmってこんな短いのかと感じてしまった1日でもありました。

でもそれは翌日のブルベで早くも無かったことになります。



走行距離: 15.8+230.5km (スタジャンHT
8月走行距離: 302.3km
スポンサーサイト

コメントの投稿

ふつうのパパ

う~ん、競争している訳じゃないのね。
してるよなーコレは。(笑)

脚がなくても、昨年より1時間も速ければ十分でしょう。

後半戦も楽しみにしてます。^^

ふぃりっぷ

>> ふつうのパパさん
いえいえ、ほんとにしてませんw
昨年と比較して休憩時間が大きく減ってるのと、昨年より気温が低めだったのがでかいと思います。
朝4時スタートはかなり有効でしたね。

へばな

「いろは坂」での登りのスピードを見せていただき、ふぃりっぷさんの凄さが分かりました! ほんと、半端ではないですね(^_^)v 軽自動車ではターボ付きなのに、抜くのに大変でした。

「金精峠」までが速過ぎたので、さすがのふぃりっぷさんでも、後半足が疲れちゃったのでしょうか?

渋峠PCやペンションの食事風景など、私が見られなかった写真があり興味深いです(^_^)v

ふぃりっぷ

>> へばなさん
おっしゃる通り、PC1以降はもうダメダメでしたw
1時間遅くても去年の方が個人的には望ましい走りでしたね。
去年とほとんど同じコースだったこともあり、写真をあまり撮ってませんでした。少なすぎてブログが文字だけになってしまいそうですw

なでら男

いやはや,スタート前とゴール後しかお目に掛かれず。ふぃりっぷさんの7割くらいで登れたら,山岳ブルベももう少し楽になりそうですが。ww

今年は,渋峠に掛かった時点で昨年よりもかなり余裕があったので,すっかり観光モードで登りました。まあ,それでも結構辛かった(飽きた?)のですが。

こうしてみると,スピード域によって,全く違う物語があって面白いですね。^^;

ふぃりっぷ

>> なでら男さん
お疲れ様でした!今年は去年に比べて走りやすかったように思います。やはり朝4時スタートの恩恵が大きかったかもしれませんね。
渋峠は先月も登ってたこともあり、たしかに「飽き」は少し感じてましたw
9月またよろしくお願いいたします!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。