スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルイベント~第2回奄美大島チャレンジサイクリング2009~

既にケータイからリアルタイムで更新してきたけども
改めて写真をくっつけて更新。

まず12/12(土)。
仕事から帰ってきたのが0時過ぎで、メッセで紫穂さんと会話しつつ急いで自転車をメンテ。
フレーム、チェーンまわりが汚れているので掃除してお次はタイヤ交換。
今回はマックスライト(1.9インチ)にチューブはシュワルベ13SVを選択。軽量な14にしないのはパンク耐性を上げる為。
サドルバッグは買ったばかりで初めて取り付けようとしたんだけど、形状が合わずに付けられない!w
仕方ないのでヒモで無理やり固定。もうこれでいい。
午前4時過ぎに一通り完了。
奄美2009 自転車整備

さて次は荷物の準備。
替えの服とかあまり考えずに適当にリュックにぶちこんで航空券の引換証やイベント受付票だけは忘れずに入れる。
んで最後に自転車をバラして飛行機用の輪行袋に入れる。
いつもは電車用というか、前ホイールだけ外して入れられるやつを使っていて、飛行機用は初めて使うのでそもそも入るのかさえ不明。
前後のホイールを外して入れてみる。入った…が、チャックが閉まらない。ペダルを外す必要がありそうだ。
しかしペダル外し専門道具なんか持ってない。道具入れをあさるとモンキーレンチがあった。もうこれでいい。
なんとか外せたが、レンチとクランクがこすり合ってクランクに結構傷がついた。どうしようもない。
あとはリアディレイラーを外して終了。

既に午前5時過ぎ。
最寄り駅までは歩いて30分かかるので始発までは結構ギリギリだ。タクシーに電話してみる。なに?全て出払ってるだと?
仕方ない。重い荷物持ってひたすら駅まで歩く。肩が痛い。
なんとか始発に間に合った。

個人的にはこの時点でイベントを1つ終えた気がした。

あとは順調に飛行機に乗って奄美大島へ。徹夜だったので飛行機では爆睡。気がついたら奄美空港だった。
空港にはチャレンジサイクリング用の送迎バスが来ており、荷物を乗せて名瀬市にある受付会場へ。
そこで受付を済ませて自転車を組み立て。良かった、トラブルは無さそう。
奄美2009 奄美大島到着


名瀬市内のホテルへ行き、荷物を預けて脚慣らしがてら近所を散策。
あかざき公園まで2km、という標識を見つけたので行ってみる。そしたらとんでもない登りだった。まずい、前日にこんな疲労を蓄積しては、と思いつつ今更引き返せないのでやけくそ。
展望台に行ってみた。
奄美2009 あかざき公園
景色はなかなか良い。
腹が減ったので下山して、鶏飯を食った。お店によって鶏飯の具はバラバラだなと思った。当然味も変わってくる。
商店街では餅の露店を見かけて食う。よもぎ餅なら補給食としていいかも、なんて思って買ってしまった。
あとコンビニでプチを買って明日の準備は完了。

これが明日持っていく補給食。
奄美2009 補給食
正直、多すぎるとは思う。途中にだってエイドステーションあるし。
でも前回ハンガーノックを起こしてリタイアした身分なので念を入れておく。

風呂入って午後9時前に就寝。

12/13(日)。
ついにきたよこの日が。前年の雪辱を晴らす時だ。
午前4時に起床して飯。防寒着を着込んでスタート地点へ。
奄美2009 スタート地点

うわー、風が強い。去年の悪夢が蘇ってきた。
自分の他にMTBを発見。青のTREK!あまりよく見てなかったけど少なくとも同じXTRホイールにXTクランクだった。まわりはロードばっかりなので心強い。
自分のゼッケンは39。
午前6時から10人ごとに1分おきにスタート。僕は4番目だね。
奄美2009 スタート前

そしていざスタート。
去年は結構早い段階でロードに差をつけられてしまっていたが今回は不思議と前の方に出ていける。
先頭グループに追いつき最初の峠へ。

240kmのルートは、標高100~300mの峠がかなりあり、350m超えの峠も2つほどあるのかな?
他の人のブログをみると、累計標高は3800m以上とか。富士山より登ってるのか・・・。

最初の峠を下ったところでその時点で1位の人を抜く。MTBだとダウンヒルが若干有利なのかな。
先導のバイクが前に現れてちょっと戸惑った。
が、平坦だとさすがにロードに勝てない。すぐ抜かれた。

こっからは基本的に一人旅。
ときどきロードに抜かれたりしていく。同じペースの人にはめぐり合わないなぁ。
奄美2009 スタート1時間後

日の出がきれい。
奄美2009 日の出

65~70km地点に、最初のエイドステーション。(サイクルコンピューター付けてないので距離は曖昧です)
補給もそこそこにして5分ちょいで出発。
ちょっとした難所でもある本茶峠に入る直前で後ろからロードが数人集団でやってきた。
その集団に混じって峠を攻める。
登りになるとロードとペースがあまり変わらないな。むしろ少し余裕を感じる程度。
峠頂上の少し手前で集団の先頭に出てそのまま第1チェックポイント(107km地点)へ。
10時ちょっと前。は、早い。。。去年は11時過ぎてたのに。

ここで10分ほど止まって出発。どうせ集団組とはペースが合わないとわかっているので独りでいく。
ダウンヒルで前にいたロードに追いつく。
ここから第2チェックポイントまでは海岸にはあまり出ず、内陸を進んでいく。
奄美2009 第1CP通過後


結構あっという間に第2チェックポイント(153km地点)に到着。
時間は覚えてない。
さっきの集団組もすぐ後ろから来た。途中、平坦と峠で抜いたり抜かれたりを繰り返してたので、なんだかんだでペースは一緒か。
スタッフにきくと、実は先頭から第2グループらしい。要は自分たちより前には5人しかいないとか。
な、なんだって?そんなに早いの?
この時点で自分のペースにビビる。
去年だとたしか既に腰が痛いわ、尻が痛いわで苦しい想いしか記憶にない。今はどこも痛くない。

ここまで来たら最後まで頑張るしかないじゃん。
とにかくマイペースの維持に努める。風が強くなったり、微妙な斜面などではギアを変えて負荷は一定に。

途中エイドステーションを経由し、結局第3チェックポイント(210km地点)まで
集団組とペースは一緒だった。一緒に走ることはないのに珍しい。

さて、ここからゴールまでの30kmで峠も残すところあと3つ。最初の1つ目は斜度17%とかふざけてるけどまぁ問題ないだろう。
ここからは皆少しペースアップ?しているように思えた。かく言う自分も若干ペースアップしている。
集団組は峠でバラけ始める。

220km付近で去年リタイアした場所を余裕で通過。なんだか感慨深くなって涙ぐんできた。まぁマテ。感動するのはゴールしてからだ。
残り2つの登りはかなりペースアップ。ダンシングを混ぜて一気にいく。平坦でもギアを1つ上げてガシガシ。
知ってる風景が見えた。
念願の1周完走。

奄美2009 ゴール

こんな明るいうちにゴールできるとはー。
タイムは9時間57分。9位。

結局、持参した補給食はウィダーインゼリー2つだけしか食わなかった。
ゴールしてからその場でプチとよもぎ餅を食った。

ホテルに戻って風呂入ってから完走パーティへ。
個人的には飯がメイン。次々と運ばれる飯にすぐにタカる。満腹になったところでホテルに戻って就寝。

12/14(月)。
午前7時に飯食って今日はどこ行こうか地図見ながら悩む。
9時頃になってチェックアウト。そこで、前回と今回参加してた人と話しして一緒に奄美空港へ向かうことに。

途中、おがみ山公園に寄る。ここ、斜度が半端じゃない。15~20%レベルがずっと続く。瞬間的には30%レベルのもあった。
汗だくになって展望台へ。
奄美2009 おがみ山公園

今日は若干曇りか。

奄美空港へ行く途中に、美味い鶏飯が食える店があるというのでまずはそこへ。
奄美2009 龍郷

ひさ倉。
奄美2009 ひさ倉
ほんとに美味かった。
ついでに焼き鳥も食った。

やっぱ海岸沿いは景色がいいねー。
奄美2009 奄美空港手前

奄美パーク前で別行動にし、自分は奄美パークに寄ってみた。
平日だからか、ものすごい閑散としている。
奄美2009 奄美パークより

ここで油ゾーメンというのを食ってみた。
鶏飯食ったばかりなので結構キツイ。

出発2時間前までブラブラして空港へ。
輪行袋にはさすがに勝手がわかったのですぐに入れられた。

帰りの飛行機を眺めながら来年もまた来ようと思いました。
奄美2009 帰りの飛行機



1日目走行距離:約18km
2日目走行距離:約248km
3日目走行距離:約34km
タイヤ:マックスライト
12月走行距離:837.8km
スポンサーサイト

コメントの投稿

レイヴ

いいねぇ。楽しそう。
完走オメ!(*゚∀゚*)

名無しさん

旅行は楽しそうだなぁ。

自転車で10時間は、辛いから遠慮するけど。

ひでゆき

あ、すまん。名前入れ忘れた。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。