スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山トレ~磐梯山~

昨日の続き。

レース会場を後にしてコンビニで手早く飯を食い、磐梯山の登山ルートの1つ、裏磐梯スキー場登山口まで走る。

道路からスキー場まで数キロがダートコース。
うぎゃああー マックスライトにダメージが!パンクこそしなかったものの走ってる間は気が気じゃなかった。
このタイヤでオフロードは走りたくないわ。

車両通行止め箇所にチャリを止めていざ登山開始。
サイクルジャージのまま山頂を目指す。時は既に午後13時半。下手すると帰りは暗くなる恐れがあるのでルールを設ける。

午後3時30分までに山頂に着きそうになかったら諦めて引き戻す。

さくさくと登って弘法清水を通過したのが3時ちょい前。あと500Mで山頂。この最後の最後がかなりの急坂で疲れたな。
道中も何箇所かで展望が良かったけど山頂は別格だった。

それまでずっと北側しか見られなかったけど山頂では当然南側も見える。

20100904スカイバレー11

20100904スカイバレー10

正直感動した。

しばらくぼーっと景色を眺めてると他の登山者が話しかけてきた。
その人もヒルクライム参加者だった。あなたもですか!w その人は閉会式は出ずにさっさと僕とは違う別の登山ルートから登り始めてたらしい。

とりあえず記念撮影。逆光でちょっと残念。

20100904スカイバレー12

ところでレーサーパンツでの登山はオススメできない。
パッドがケツと擦れて皮膚を痛める。

下山時は下だけ着替えた。
良いペースで一気に下る。

行きの時に見逃してたけど途中に銅沼(あかぬま)というところがあった。
なんだこりゃあ・・・・

20100904スカイバレー13

午後5時10分に無事に下山。またチャリに乗って帰途につく。
とにかく飯を食って温泉に入りたい。

最後に桧原湖で記念撮影。

20100904スカイバレー14


まずは暗くなる前に猪苗代の市街地まで行くかーと走りだすが、
途中で川上温泉という文字が。

・・・。
いま温泉に入ったら確実に真っ暗になる。でも市街地まで行ったら温泉に入れる確証はないので温泉入ることにした。

パッと見、寂れてる感じがしたけどお湯はさすがだった。っていうかお湯がちょっと熱めだわ。思わず草津温泉を思い出した。
しかしこの程度の温度ならもはや大したことはない!出たり入ったりを繰り返して30分ぐらいゆっくりする。

上がるときに施設の主人が温度調整しにやってきて心配そうな顔して「温度熱くなかったですか?」と聞いてきたので「いえ、ちょうど良かったですよ」と答えておいた。

帰りの電車の時間を携帯で調べてみる。

最後の電車がちょうど60分後に出発。ここから駅まで13km・・・。
まだ飯も食ってないしこりゃのんびりしてられん。パンクしたらアウトじゃね?

外に出たら案の定真っ暗。

20100904スカイバレー15

うわー、先週も糸魚川あたりでこんな目にあったなーとか思いつつライトで道を照らす。
暗闇過ぎるだろ・・・。

まー基本下りなので汗をかかない程度に軽く走って無事に猪苗代駅に到着。
電車では爆睡し帰宅。


レースと登山を同日にやるのはちょっとキツかった。時間も余裕ない上に装備も不十分だし万が一があるとあれなのでもう止めておこう。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。