スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース~SDAイン王滝100km~

日本のMTB乗りにとっては最高峰レースとも言える?パワースポーツ主催のSDAイン王滝の100km部門に参加してきた。
同じく42km部門参加の紫穂さんと一緒だ。
今までクロスカントリーには3度出場したことあるけど、マラソンというのは初めて。クロスカントリーほどテクニックが必要ないだろうということで若干僕向きかもしれない(?)

5/29(土)

場所は長野県の王滝村。日本百名山の御岳の麓にある。
朝8:00新宿発のスーパーあずさで塩尻へ行き、そこから鈍行で木曽福島へ。
駅から王滝村までは自走。
まぁ山に向かってるので基本登りだけどもなんか走りやすかった。御岳湖の景色が素晴らしい。
宿に荷物置いてから会場へ行き受付。
100km部門の参加者は670人ほどいるようです。多すぎだろ・・・

20100529SDAイン王滝01


受付後は宿周辺を散策。
紫穂さんのアドバイスでタイヤの空気圧を38PSIにしてみたら驚愕の走りやすさ。今まで55PSIでクロスカントリー走ってた僕はアホ以外の何者でもなかったと言わざるを得ない。師匠がいるって大事です。
偶然見つけた、人通りが全くない(っていうか閉鎖されてる?)荒れた道を走って手応えを感じつつ宿に戻って飯食って21:00には就寝。

5/30(日)

朝4:00起床。朝食はおにぎりとゆで卵。さらに事前に買っておいたエネルギー補給食も食っておく。
なんせ舗装路ではない林道を100kmもアップダウン繰り返しながら走るのだ。
目標がそもそも7時間切り。かなりのエネルギーを消費するわけなのでとにかく食いまくっておかなくては。
さらにレース中の補給食としてウィダーとパワーバーを2個ずつ持っていく。
会場に着いたら紫穂さんとお別れ。42km部門はスタート地点が別の場所になってる。

スタートゲート前には既に凄い数のMTBが並んでる。圧巻だ・・・
自分も並んで、いざ6:00スタート。
林道の入り口までは先導車が引いていく。大量のMTBがずらずらと走るので簡単には前に出れない。
が、ギアをアウターからミドルに入れたところでいきなりトラぶった。チェーンが絡まった。嘘だろと思いつつ脇に逸れて急いで直す。うーむだいぶ後方に流されてしまった。

林道に入って登りスタート。うん、走りにくい。
いつも舗装路だからもう全く違うね。
とは言え周りのペースが遅い。にも関わらず走りやすいラインは渋滞状態。自分は登りが得意なはずなのでここで上げておかないと良くないなと思い不利なラインでも構わずガシガシ漕いで順位を上げる。
登りきって今度は下り。余力はまだまだ残してるんだが下りになるとガンガン抜かれる。なんぞwww
こんな岩まみれの下り坂でなんでそんなに速く走れるんですかと本気で聞きたかった。とても真似できない。真似したら吹っ飛んで崖から落ちる自信があった。
それでも自分の安全リミッターを少し超えたペースで走った。後輪がカーブでズザザァと滑ったりするんだけど、そのうち、滑らせるのが正解じゃね?って思うほど慣れてくる。

アップダウンを繰り返して30kmの看板を過ぎてしばらくすると第1チェックポイントを通過。
その先の上り坂を登りきったところでウィダーとパワーバーを1つずつ食った。
とても走りながらは食えないよこれ。片手運転したら転んじゃうよ。

再びアップダウンの繰り返し。さすが山の中というか。平坦なところは一切ないね。
第2チェックポイントはまだかなーと思い始めた59km地点の下り途中で後輪からプシュー!という心地よい音が。

うおおおああああ・・・・

パンクか。
この時点で記録に対する執着心が消えたように思う。無事に完走できれば良いと。
道の脇に寄ってパンク修理。
さっさとチューブ交換すれば良いものを、穴を探してパッチを貼って直した。交換は万が一チューブがバーストした時の為にとっておこうと思ったんだけど、
今考えるとチューブがバーストした時ってタイヤも使えない状態になってるんじゃないか?
空気を入れるのに手間取ったりしたけど無事にコースに復帰。

ついでに水も無くなったので近くにあった自然エイドステーション(ただの川)で水を補給。水が美味い!
しばらく走って第2チェックポイント通過。ここでウィダーを1個食った。まともな補給食は残りパワーバー1つのみになったのでもしもの為にとっておこう。

ここから先の道はところどころ下りが恐ろしかった。でかい石ころが多くて今までよりはるかに走りにくい。
MTBが弾みまくってハンドルを握るだけで必死。2週間前のクロスカントリーで傷めた右手の水ぶくれ痕から激痛が走る。そこそこスピードも出てるので これ転んだら大怪我じゃね? なんてビビリながら走る。

第3チェックポイントには結構すぐ着いた。
ここからは登りはあと2箇所ぐらいだし、その後は恐ろしい下りのみのはず。

ちなみに腰周りの筋肉が弱くてすぐに痛める僕は第1チェックポイントの時点で既にかなり痛めてたが、
ここまではずっと痛みが一定だった。
ペースを無理にあげなかったのと、たまにダンシングを入れて筋肉をほぐしたりしたおかげだと思う。
まぁこれは今後の課題だね。鍛えるしかない。

さすがにコースも後半になると皆疲れてきてるのでしょう。登りが遅いようなのでここぞとばかりに頑張って抜きまくる。
途中で腹が減ったので2個目のパワーバーを食う。食ってる間に抜かれた人を全員抜き返したところで最後の下りスタート。
今までの下り坂に比べると結構楽。斜度がちょっと緩いのだろう。道も砂利だけどあの岩場に比べれば全然マシ。
結構スピード出せたと思う。

最後の下りスタートから数キロ、ゴールまで誰にも抜かれずにゴールできた。
結果は7時間6分ちょいで 全体で93位。 年代別(20代)で8位でした。

7時間切りを目標にしてたのでちょっと残念だけどパンクも実力のうちと考えれば仕方ない。
怖いけど面白いので来年もまた出たいレース。
オフロードをもっと練習しようと思えた。

42kmの部に参加してた紫穂さんは なんと年代別(20代)で2位、準優勝でした!おめでとう!
全体で19位もすごい。。。

帰りは木曽福島駅まで走り、輪行で松本へ。
馬刺し(美味い!)を食って急いで終電で長野へ、んでまた終電の新幹線で東京へ。
本気で疲れたわ・・・

話しだけ聞くと42kmはなんかスピードレースという感じがするので来年はまた100kmかな。
スタジャンHTでなく別マシンを用意しての参加も検討中!



走行距離:
5/29 約50km
5/30 約150km
マシン: スタジャンHT
タイヤ: バスター
5月走行距離: 1484.5km
スポンサーサイト

コメントの投稿

~紫穂~

スッゲー疲れたね!!ww ホントおつかれさま!!><b"
初のマラソンでベスト8とかマジですげーよ・・。 紫穂なんてもう
ところどころにいるスタッフに ロストします! って言いたくて
仕方なかったよ、初めて参加したときはww

10月からの走行距離が恐ろしいことになってるね・・w
紫穂は今月2200km走ったのに9416.21kmだよ・・(鬱)
2月の100kmが脚を引っ張りすぎw
お互い年間10000km越えは余裕なわけですから次は
12000kmが目標かな?毎月1000kmみたいなw

ふぃりっぷ

年間12000kmですら余裕を感じてくるな。。。
王滝は来年6時間切りを目指してみるか!?

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。