スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース~2013 Taiwan KOM Challenge ①~

先日、11月9日に台湾で開催された2013 Taiwan KOM Challengeに参加してきました。

去年に引き続き2度目。前回のレポートはこちら

今回もブルベ仲間の皆さんと一緒の参加で、去年はHEIZOさんと2人だったところ、我々の懸命な招致活動によって(???)日本から5人の物好きが台湾へ発ちました。

エントリーリストを見た限りでは日本人のエントリー数は40ちょいだったと思いますが、レース後のレポートによると実際は29人の参加だったようで、台湾以外からの国別参加者数としては最多だったようです。
かくいうHEIZOさんも今年もエントリーしていたのですが仕事の都合で無念のDNS、非常に残念でした。


さて台湾までの飛行機を予約する際は他の皆と合わせてLCCのScoot航空にしてみました。
自転車などサイズ重量が超過する荷物については別途料金がかかるんですが、もろもろ込みでも3万ちょっと。
去年のChinaAirlineと比べて2千円程度安い感じでしょうか、時期にもよると思うんですけど。
Scoot航空は成田からの往路は乗りやすい時間帯(11:50)ですが、復路の出発時間が早朝(6:50)で結構厳しいです。来年は復路だけ別の航空会社にするかも。

あと自転車の飛行機輪行では去年はエイカーのバイクケースに入れてたんだけど正直大きくて重くて面倒だし、ものは試しにOS-500のバッグに入れて今回は持っていくことにした。いつも国内線でしか使わないんだけど。
結果としては特に問題なく事足りた。ただリスク面でみればバイクケースの方が安全だというのには変わりはないでしょう。

台湾での初日及び最終日の宿泊先、レースの申し込みは仲間分一括でVさんにお願いしており、道中の案内などもろもろ本当にありがとうございました。

Vさんは既に1週間前から台湾に発たれていて、フルマラソン(災害の影響でハーフに変更だったらしい)、更にSR600も完走してからのKOM Challengeへの挑戦だそうで、そのバイタリティに驚愕です。(しかも孫持ち)

僕みたいな社畜は木曜金曜の休みを気まずそうに取得し、
木曜早朝になって必死に荷物(主に自転車)の準備を整え、時間ギリギリに成田空港へ向かいました。
空港で他のメンバー(ガクさん、べんべんさん、もじゃ吉さん)と合流してワイワイ出発。

CIMG0320.jpg CIMG0325.jpg

桃園空港ではSIMカードを購入(72時間データ通信、1時間通話、で300元)し、バスで台北駅前まで。
台北駅近くにある宿でVさんと合流し、自転車を組み立てた後に晩御飯を食べに行きます。そう、僕のカーボローディングは今この瞬間から始まるわけです。

CIMG0331.jpg CIMG0334_20131121003133cd0.jpg

こういうちゃんとしたお店で食べると、台北市街だからかまたは観光客向けにも対応しているせいか若干割高でしたが、日本の感覚で見れば安い。
今度は路地にある小さなお店で売ってる饅頭などを食べ歩き。饅頭1個10元とかあるし安すぎで財布が緩みっぱなしだしお腹が脹れ過ぎて痛い。

セブンイレブンはそこら中に展開されていて、コンビニの密集っぷりは異常ですね。

CIMG0330_20131121003131d49.jpg

台北駅の地下にも足を運ぶとミスドを発見。
台湾限定のドーナッツあるかなーと見てみたけど特にそういうのは無いみたい。値段も日本とほとんど変わらん。

CIMG0344.jpg

宿に戻って、明日は早く発つのでさっさと寝ます。

CIMG0350.jpg


翌日も天気に恵まれ、サイクリング日和。

CIMG0354.jpg

台北駅から花蓮行きの特急(自強号)に乗って南澳駅まで。
特急の列車にはこういう貨物室があって自転車を積むことができます。(全ての特急にあるわけではないらしい)
日本の電車は輪行にちょっと厳しいとこあるからね、感動ものです。

CIMG0357.jpg

社内販売の駅弁を買ってみたら(お腹全然空いてなかったけど)、蓋に描いてある絵から┌(┌^o^)┐ホモぉ…な匂いを感じ取りました。
お弁当自体は普通に美味しかったです。げぷ。

CIMG0365.jpg

南澳から新城まで断崖絶壁で有名な道を通るらしく、絶景が拝めるはずだよとVさんのお勧めでサイクリングすることに。
Vさんは連日の疲労が残ってるので新城までこのまま電車で向かい、向こうで再合流することに。
4人でサイクリングスタート。レース受付もまだやらなきゃならないし、Vさんには13時ぐらいを目処に着いてねと言われてるのでダラダラというわけにもいかない。

CIMG0370.jpg CIMG0371.jpg

CIMG0381_201311210127546db.jpg

東海岸の動脈的な国道だけどそんなに交通量多くないし快適に走れます。

CIMG0387.jpg CIMG0391.jpg

今日の目的地である花蓮までは61kmか、結構あるな・・・

ゆるやかなアップダウンをこなしていくと海の景色がかなり良くなってきました。

CIMG0399.jpg

しかしトンネルには排気ガスが充満していてだいぶ空気が悪そうです。

CIMG0408.jpg

それからこういうトンネル内の地面や、下り坂の標識でよく「慢」という文字を見かけるんだけど、これは「ゆっくり」という意味なんですね。なかなか面白い。

そして県境を跨いで花蓮県へ。

CIMG0410_20131121013539836.jpg

太魯閣国立公園の入り口なのでしょうか、立派な看板。そして絶景のオンパレード。

CIMG0417.jpg CIMG0422_20131121013542076.jpg

断崖絶壁っぷりがハンパじゃないですねー。

CIMG0425_20131121015156bfe.jpg CIMG0434.jpg

ようやく新城に近づいてきました。
この谷が太魯閣渓谷に続き、そして台湾を横断して台中へと繋ぐ国道8号線、明日のレースのコースがあります。

CIMG0444_20131121015159085.jpg CIMG0447.jpg

ちょうど昼過ぎなこともあり結構お腹空いてきた。
13時はちょっと過ぎちゃったけど無事に合流し、Vさんが宿泊してた宿のすぐ近くにある食事処で肉炒飯。美味い!

CIMG0450.jpg CIMG0452_201311210156270b0.jpg

ふー食った。
あとは花蓮まで行くだけかと思いきや観光すべきところはまだありました。
肝心の太魯閣渓谷。

去年はレース中だったこともあり景色をじっくり見たり写真撮ったり全然してなかった。ていうかレース開始直後にカメラ壊してた。

時間にそんなに余裕はないけどさくっとVさんを先頭に太魯閣渓谷へポタリングスタート。


②へ続く
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。