スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース~2013 Taiwan KOM Challenge ②~

①からの続き

Vさんの先導で太魯閣渓谷へ。

CIMG0456.jpg CIMG0459.jpg

市街から外れると道は超快適に。

CIMG0461.jpg CIMG0462.jpg

この門は台湾の東西をつなぐ横断道路の東端に位置するもの。
自転車乗り的にはこれを西門まで一気に走ってみたくなります。まあ超級峠を越えなくてはならないわけですが。

CIMG0464.jpg CIMG0496.jpg

これが本当の断崖か。ずいぶん掘られてるなあ。
Vさんの解説によると断崖絶壁故に、自然災害などによって道路が壊れることもしばしば。
その都度補修、または新たに道を作ることから旧道跡が確認できました。

ちょうど土砂崩れがあって工事してる箇所があり、そこで引き返すことにします。
ちょうど隣に新しい道を作ってるところだったので、来年には今走ってる道が通れなくなってるかもしれませんね。

CIMG0505.jpg CIMG0508.jpg

明日のレースの受付しなくちゃならないので観光もさくっと切り上げて花蓮へ。

新城から10kmほどですがVさんを先頭にかなりの高速巡航。40km/h近いですよ…!
荷物結構背負ってたので疲れた。
っていうか今日1日で90km以上走ってるんですけど。

まずはASTARホテルにチェックイン。ここは去年と同じで、レースのオフィシャルホテルに指定されています。
僕はもじゃ吉さんと同室で。

CIMG0513.jpg

すぐに受付会場へ移動。いやー今日忙しいなあ!

CIMG0514_2013122001540929a.jpg

無事に受付も済み、ウェルカムパーティーへ参加。
晩ご飯はバイキング形式。去年はテーブル毎に給仕されていて量も多く残りも多かったためか、適量を自分で選べる形式に変えたと思われます。

ヒルクライムレース前夜におもいっきり食べる事普通はしないもんね?
しかしヒルクライムレースとはいえ100kmの長期戦なので正直体重とかどうでもいいからとにかくエネルギーを蓄えないと。

CIMG0517.jpg 10815716034_d8f827611a_o.jpg

ホテルに戻って皆でブリーフィングを行ってから就寝。
そうそう、明日はミクジャージを着て参戦決定。日本じゃこれ着てる人結構いるけど台湾だったらまずいないんじゃないかな?

BYjBQpnCAAEKhNY.jpg


翌朝は暗いうち(確か4時頃?)に起きて朝食。
去年の質素な弁当と違って豪勢にバイキング形式。やはり去年からだいぶ改善されてます。

ホテル前に荷物預けのバスが来ているのでゴール地点で受け取る荷物をお預け。
パスポートや多少のお金はさすがに持っておきたいので、小さいケースに入れて首にかけておく感じで。

CIMG0568.jpg

補給食としてウィダーインゼリーを3つ背中ポケットに忍ばせました。

スタート地点まで自走し、集まってるたくさんの参加者を眺めながらスタートを待ちます。
若干空の雲行きが怪しいけど大丈夫だろうか。

談笑しつつ6時半を迎え、一斉にスタート。僕達はほぼ最後尾からです。
最初の10kmは花蓮から新城までの平坦な道。パレード走行みたいなもので、集団内で自分の位置を調整するためのような区間でしょうか。
実際、計測されるタイムはこの区間は含まれておらず、新城から本格的に登り区間に入るところで計測開始されます。

結局安全マージンを確保しつつ走ってたので先頭集団には余裕で乗れず、後方から追尾する形になりました。
Vさんやもじゃ吉さん、るちさん達はどこにいるのやら。とにかく自分のタイム更新を目指して走るのみ。

50km地点ぐらいまでは比較的緩い登坂なので若干オーバーペース気味に頑張りました。
途中、「ふぃりっぷさん!」と声をかけられ、えっ!と振り返ると、今年BRM宇都宮山岳200kmにも参加されていたTeamアプリコのむかいさんでした。なんとこんなところで再会とは。

ちょっとお話して先行。実力差はそんなにないはずですが、後半タレないようにマネージメントしてるとのこと。
さすがにベテランですね、うん、僕自身は若干無理してる感があるのはわかってます・・・。
事実、ゴールタイムは彼とは5分ほどしか差がありませんでした。

1005387_603967836307476_2098973151_n.jpg

さて60kmあたりから斜度が平均的に少し急になってきます。
去年はこの辺りからかなりインナーロー気味だった気がしますが、今年はそうでもなく、数枚ギアを残しつつ頑張れました。
途中、スペシャライズドのジャージを着た女性選手を含む小集団に追いつき、しばらく一緒に走行。かなりいいペースでしたが調子に乗ってさらに先行してしまいます。

しかし、しばらくすると女性選手が単独で追いついてきました。
あーこれはまずい展開ですね、追いついてこられたら負けるわけにはいかないじゃないですか。
というわけで2人で追い越し追い越されつつ、ラスト10kmの激坂ゾーンに突入します。

僕の背中にあった3つのウィダーインゼリーはとっくに消化し、それ以外の補給食は一切とってないので若干エネルギー不足気味、そして比較的ペースあげてたせいかここにきて脚に力が入らなくなってきました。

女性選手とはみるみる離れ、苦行タイム。
去年はこの激坂区間で心肺に負荷をかけすぎて足を地面についてしまいましたが、今年は足をつかないのも目標の1つ。
あまり息切れしないように注意していても、とにかくつらい。インナーローにしても蛇行しないと登れない。27Tのギアじゃ足りない。

後方から何人にもパスされ、後半のタレっぷりが如実に表れていますね。
残り2kmぐらいで雨が降ってきて寒い。そりゃそうだ、既に標高3000m以上にとこにいるわけだ。
ラスト500mはゴールも見えてきてラストスパート!したいところだけど全然無理。ゆっくりダンシングして耐えるので精一杯。

10760091326_a2de130ccd_o.jpg

足つかずにゴールできた!ってことで達成感もあってガッツポーズ決めてゴール。

1400655_653396708013856_786593220_o.jpg

ゴール後はすぐに完走メダルを首にかけてもらえました。これで2個目。

CIMG0641.jpg

さて、雨に濡れてとにかく体が冷えるし荷物を探さなきゃ。
しかし荷物を預けたトラックが見つからない・・・マズイ。このままじゃ凍死してしまう。スタッフにASTARホテルからの荷物入りのトラックはどこだと聞いてもわからないとのこと。いや、僕の英語が通じないだけか?

2kmほど先下ったところの駐車場エリアにもトラックやバスは止まるので、寒さにガクガク震えながらとりあえず下りる。あかんマジで指が動かなくなってきた。
しかし見つからない。どうしようかなと思ってると奥にテントがあってそこでご飯を作って売ってる模様。よかった!首からかけてるパスポート入れに念のため500元札を入れておいて助かった。
炒飯を注文し、多少は寒さを凌げるのでここで時間を潰すことにする。

しばらくするとVさんやもじゃ吉さんもやってきて飯。
トラックもいつの間にか現れており、とりあえずウェアを着替えてやっと震えがおさまってきた。

CIMG0528.jpg CIMG0523_201402100206261a3.jpg

我々は今日のうちに台北まで戻る必要があるため、バスで台中駅まで移動し、そこから高鐵で台北へ。

CIMG0537.jpg

CIMG0556.jpg CIMG0557.jpg

初日の宿に戻ってチャリを梱包します。
その後、台湾のランドヌールの皆さんと晩飯食べようということになり、わざわざ宿まで迎えにきてくれました。

1452206_687616514596260_310318470_n.jpg

うーむ、とても今日体力を消耗したと思えないほどみんな元気ですね。
いつか台湾のブルベにも参加して皆と走ってみたい。

翌朝は早朝の便で帰国。2度目の台湾遠征レースが無事に終了しました。
一緒に行く人数は多いほど楽しい。

レースについては課題がいくつか。

・最初は先頭グループに入るようにする。
・ギアは28Tか30Tにする。
・ハンドルやシートポストなどまだ軽量化できるところあるよ。
・補給食はもう少し多めに。ウィダー3つ+パワーバー2本あれば充分かな。
・空気入れポンプやサドルバッグは外してしまえ。タイム狙う以上パンクしたらどうせもうアウト。路面コンディション的にはパンクリスクは低い。一箇所工事区間でダートが200mぐらいあったが・・・。

ちなみに今回のタイムは4時間44分で、目標だった5時間は切ることができた。
しかし順位は総合で119位だし、年代別でも17位。年代別で入賞しようと思ったら4時間10分は切らなくてはならない。
いやいや・・・僕はクライマー体系じゃないし・・・

とりあえず2014年は新たに4時間30分切りを目標にして、上の改善点の他、当然脚力強化もしなくてはいけないし、何よりロードバイクにももっと慣れる必要がある。
ロードでヒルクライムレースに少し参加しようと思います。


この記事を書いたのがレースの3ヶ月後なわけですが、
2014年の台湾KOMは 11/15開催で決定しています。予定空けておかなきゃ!

スポンサーサイト

ゆるぽた冬ライド~高山~

12/21(土)にチャリモさんと岐阜の高山まで走ってきました。

そもそも何故高山まで行くことになったのか経緯は曖昧で、なんとなく自転車で冬の高山に行ってみたくなって誘ってみたらチャリモさんが快諾して一緒に行くことになった感じだったと思います。

高山には今年既に1度自転車で行っててその時はロード試し乗りとして単独走で安房峠経由でしたが、冬のこの時期は通行止め、安房トンネルは自動車専用道路なので、自転車で行くには木曽街道が通る長峰峠を越えるしかありません。



金曜の仕事が終わった後いったん帰宅してすぐに着替えて新宿駅から京王線で高尾駅へ。
日付変わって0時過ぎで気温は既に0度。
これから山の方へ向かって走るなんて頭おかしい、1人だったら間違いなく引き返して新宿行きの電車に乗ってるな・・と思ってるとチャリモさん到着して合流。1時過ぎに無事に出発。

1387555719905.jpg

大垂水峠はさくっと超えてR20をひたすら進む作業。
2人とも29erのMTBでしかもゲイリーフィッシャーのパラゴンと車種まで一緒。長峰峠では雪道を走ることになるだろうと僕はブロックタイヤのレースキング(680グラム)、チャリモさんは走破性が高い軽量なフューリアスフレッド(360グラム)、このあたりの差でどっちが雪道に向いてるか少しは参考になるかもしれません。

汗冷えを防ぐためにとにかく汗をかかないペースを意識して走行。
大月までくると寒くて顔面が痛いレベルで、耳も特に痛い状態。
気温は正確には把握できてないけど-1~0℃だったとしても、自転車に乗ってる以上冷たい風を受けながら走ってるわけで体感温度は相当低いのだろうと思います。

笹子の上りに差し掛かる手前のセブンイレブンにて補給、及び装備の調整。
顔面を風から保護しようとフェイスマスク、グローブもスキー用のものに変更。また足先も冷えるのでゴアテックスの靴下を重ねて履きます。
あー失敗したなーと思ったのが靴。風通しの良いつくりなので冷えやすいですね。

NCM_0324.jpg

笹子トンネルの入り口手前にある温度表示では-3℃。しかしトンネルの中は車の排気のおかげでとってもあったかい。
トンネルを抜けて下り坂は寒く、標高下げてるうちにだんだん温かくなってきたなーと思ってたら、甲府盆地に入った途端に再び気温低下。なんだこれ超寒い。

そうか、盆地だから冷気が溜まりやすいのか?夏は暑いし気温差という意味ではなかなか厳しい所なのかもしれません。
韮崎に入るあたりで日も出てきて、早く気温が上がることを祈るばかり。

IMG_20131221_064809.jpg NCM_0325.jpg

ローソンのイートインで一瞬だけ仮眠とって補給して再出発。
コンビニが暖かすぎて店を出るだけでも精神力に負担がかかります。

富士見峠を超えて茅野へ。やっと気温も上がってきて、これまでずっと早く止めて帰りたいと願ってた気持ちが納まってきました。

1387585614691.jpg

R20からR152へ入ります。ここからは自分は初めて通るルート。
コースの難易度を下げるなら本来は塩尻まで行ってからR19へ行くところですが、R19は自転車にとって死と隣り合わせの危険な道なのでなるべく避ける方向で。しかし死と隣り合わせの道というのはこの先にもあったわけです(フラグ

R152で杖突峠を超えて伊那市街方面へ。
この峠では途中で雪が路面に出てきましたが溶けてるところなので走行には大きな影響なし。後輪が空回りするのでダンシングできないのと跳ねた水で濡れないようにレインパンツを履くぐらいか。

IMG_20131221_105400.jpg IMG_20131221_104451.jpg

IMG_20131221_111215.jpg NCM_0326.jpg

杖突峠からの下りはかなり快適で、途中の田舎景色は最高でした。雪があるとなお綺麗に見えるものでしょうか。

NCM_0329.jpg

伊那市高遠からR361へ。あとはR361をひたすら走ってれば高山にも着く感じですね。
高遠のコンビニで飯食ってたら日差しがだいぶ温かくポカポカしてきて今日初めて暖かいと思った。そのせいか徹夜による眠気に襲われ20分ほど仮眠。
暖かいからいらねーだろとグローブ外して走り出したら風が超冷たくてすぐに再装備。調子に乗ってた。

伊那市街を抜けるとひたすら長い直線の上り。遠くまで見えすぎてゲンナリ。
権兵衛トンネルの標識で、自分が今標高1000m以上のところにいることを知ります。思ったより標高高かったんですねー

NCM_0331.jpg

よくある展開パターンとして、トンネルを抜けたらそこは雪国、みたいな展開を恐れつつ4km以上もあるトンネルを抜けると、確かに雪の量は多いけど降ってるわけじゃなかったのでセーフ。

NCM_0333.jpg

下ってR19へ合流、この道沿いにあるコンビニにて最後の補給。ここから高山まで88kmはコンビニはないし、時間も遅くなれば店もやってないので途中で補給できないと思った方が良い。

高尾で買っておいたパンがまだリュックに入ってるのでちょっと休憩していざ出陣。

上ってるうちに日も沈みだんだん暗くなってきた。
長い峠なので斜度はあまりきつくなく、とにかく長い。通り過ぎる車の視線が気になる。

地蔵トンネルを越える頃にはかなりの降雪っぷり。トンネルを抜けた先の下りはもう路面のグリップはあまり期待できない状況なので10~15km/h程度のスピードに抑えておっかなびっくり開田の住宅地へ。
寒いし雪が付着して溶けて濡れるのもマズイのでバス停で防寒最終形態に移行。リュックに入れておいた大きめの服を着込み、その上にさらにレインジャケット。グローブも再びスキー用のものに。

NCM_0334.jpg

そこから先の路面状況はさらに悪化し、完全に雪道。風も相変わらず強く「吹雪ですね^^」「そうですね^^」「僕ら何してるんですかね^^」「わからないですね^^」
この時点で峠の反対側の下りどうしようと本気で心配してました。車は通れるとはいえ暗くなってからも通るのか、この降り続ける雪が積もって自転車で走行不可になるのでは。

最後細かいカーブが続いて頂上はまだかと叫びながら上ってついに街灯発見。
頂上には下記サイトで確認できるライブカメラがあって、前日まで監視してたので頂上に街灯が1つあるのは承知済み。

木曽建設事務所道路情報 長峰峠

狂喜しながら握手を交わし記念撮影。雪にデジカメを固定。
これが大体19時頃。

CIMG0924.jpg CIMG0928.jpg

普通、峠は登りきったらあとは重力にまかせて下るだけなので終わった感ありますが、今回のライドではむしろここから高山までの下り50kmがメインでした。

降り続けた雪が車に踏み固められてできた轍や溝にハンドルをとられまともに走れない。
じゃあ車に踏み固められてないところを走ろうにも積もりすぎてタイヤが重くなり走れない。
あかんこれ今日中に高山にたどりつける気がしない。

前に進んでるのにハンドルが斜めを向いてるような状況に何度も陥りつつも、だんだんとそれにも慣れてきて、また重心を思いっきり後ろに持っていくことで安定性が高まることも確認。
体勢がきついのでなかなかつらい。握力もなくなりそう。

15kmほど下ったところの道の駅で休憩。標高が下がるにつれ雪質が溶けがちになってきたので、タイヤがとられることもなくなってきてペースもいい感じに上がってきた。雪をズバババッと掻き分けながら進む感じが気持ちよいです。

CIMG0929_2013122314255496b.jpg

さらに20kmほど下って、もう終わった感も出てきて油断してた頃か、美女峠へ向かう交差点の右折で後輪がズルっとスリップ。チャリモさんも前輪がスリップ。
あれ、雪ないのにと思って足をつくとツルツル。路面が凍ってた。そうか、溶けた雪が凍ることもあったか。
これから上りなのにどうすんのこれ・・・と2人で一瞬悩んだけどゆっくり走れば大丈夫じゃねってことでゆっくり走る。

うん、ダンシングやった瞬間に後輪滑るけど座ってちゃんとトラクションかけてれば大丈夫そう。
美女トンネル抜けて高山市街へ。交差点のカーブで相変わらず滑るけどなんとか予約してたホテルα1へ到着。

後半のペースアップもあって22時半頃に着いた。
距離も獲得標高もわかってなかったけど後で調べたら高尾から296km、獲得標高4300mでした。

もう絶対やらないと誓い、コンビニで飯買って部屋で食ってたら寝落ち。こんなきつい睡魔も久しぶり。布団に入って数秒で寝た。


朝7時に朝食食べようとチャリモさんと話ししてたけど2度寝で30分以上遅れましたごめんなさい。
もともとの予定では今日は名古屋過ぎまで走ろうとしてましたが、外みたらすげー雪降ってるしそれ以前に疲れすぎてもう全然乗る気しない。
ちょっと観光して高山駅から普通に電車で帰ることにしました。

CIMG0930_201312231425563c3.jpg CIMG0934.jpg

氷菓の聖地巡礼もさりげなく盛り込んだ。

NCM_0338.jpg 1387672740414.jpg

CIMG0954.jpg CIMG0951.jpg

CIMG0946_20131223144358efc.jpg 1387679008364.jpg

CIMG0935_20131223144356614.jpg NCM_0340_2013122314455184f.jpg

CIMG0945.jpg CIMG0943.jpg

高山に来たのはいいけど2人とも何度か来てるせいで特にやることもなくて時間を潰すだけの良い例です。
名古屋駅まで鈍行で行ってから新幹線で帰宅。

帰りの車内では次の冬はどこへ走りに行こうかと盛り上がって解散。あれ、昨日もうやらないって言ってた気がするのに。

レース~2013 Taiwan KOM Challenge ①~

先日、11月9日に台湾で開催された2013 Taiwan KOM Challengeに参加してきました。

去年に引き続き2度目。前回のレポートはこちら

今回もブルベ仲間の皆さんと一緒の参加で、去年はHEIZOさんと2人だったところ、我々の懸命な招致活動によって(???)日本から5人の物好きが台湾へ発ちました。

エントリーリストを見た限りでは日本人のエントリー数は40ちょいだったと思いますが、レース後のレポートによると実際は29人の参加だったようで、台湾以外からの国別参加者数としては最多だったようです。
かくいうHEIZOさんも今年もエントリーしていたのですが仕事の都合で無念のDNS、非常に残念でした。


さて台湾までの飛行機を予約する際は他の皆と合わせてLCCのScoot航空にしてみました。
自転車などサイズ重量が超過する荷物については別途料金がかかるんですが、もろもろ込みでも3万ちょっと。
去年のChinaAirlineと比べて2千円程度安い感じでしょうか、時期にもよると思うんですけど。
Scoot航空は成田からの往路は乗りやすい時間帯(11:50)ですが、復路の出発時間が早朝(6:50)で結構厳しいです。来年は復路だけ別の航空会社にするかも。

あと自転車の飛行機輪行では去年はエイカーのバイクケースに入れてたんだけど正直大きくて重くて面倒だし、ものは試しにOS-500のバッグに入れて今回は持っていくことにした。いつも国内線でしか使わないんだけど。
結果としては特に問題なく事足りた。ただリスク面でみればバイクケースの方が安全だというのには変わりはないでしょう。

台湾での初日及び最終日の宿泊先、レースの申し込みは仲間分一括でVさんにお願いしており、道中の案内などもろもろ本当にありがとうございました。

Vさんは既に1週間前から台湾に発たれていて、フルマラソン(災害の影響でハーフに変更だったらしい)、更にSR600も完走してからのKOM Challengeへの挑戦だそうで、そのバイタリティに驚愕です。(しかも孫持ち)

僕みたいな社畜は木曜金曜の休みを気まずそうに取得し、
木曜早朝になって必死に荷物(主に自転車)の準備を整え、時間ギリギリに成田空港へ向かいました。
空港で他のメンバー(ガクさん、べんべんさん、もじゃ吉さん)と合流してワイワイ出発。

CIMG0320.jpg CIMG0325.jpg

桃園空港ではSIMカードを購入(72時間データ通信、1時間通話、で300元)し、バスで台北駅前まで。
台北駅近くにある宿でVさんと合流し、自転車を組み立てた後に晩御飯を食べに行きます。そう、僕のカーボローディングは今この瞬間から始まるわけです。

CIMG0331.jpg CIMG0334_20131121003133cd0.jpg

こういうちゃんとしたお店で食べると、台北市街だからかまたは観光客向けにも対応しているせいか若干割高でしたが、日本の感覚で見れば安い。
今度は路地にある小さなお店で売ってる饅頭などを食べ歩き。饅頭1個10元とかあるし安すぎで財布が緩みっぱなしだしお腹が脹れ過ぎて痛い。

セブンイレブンはそこら中に展開されていて、コンビニの密集っぷりは異常ですね。

CIMG0330_20131121003131d49.jpg

台北駅の地下にも足を運ぶとミスドを発見。
台湾限定のドーナッツあるかなーと見てみたけど特にそういうのは無いみたい。値段も日本とほとんど変わらん。

CIMG0344.jpg

宿に戻って、明日は早く発つのでさっさと寝ます。

CIMG0350.jpg


翌日も天気に恵まれ、サイクリング日和。

CIMG0354.jpg

台北駅から花蓮行きの特急(自強号)に乗って南澳駅まで。
特急の列車にはこういう貨物室があって自転車を積むことができます。(全ての特急にあるわけではないらしい)
日本の電車は輪行にちょっと厳しいとこあるからね、感動ものです。

CIMG0357.jpg

社内販売の駅弁を買ってみたら(お腹全然空いてなかったけど)、蓋に描いてある絵から┌(┌^o^)┐ホモぉ…な匂いを感じ取りました。
お弁当自体は普通に美味しかったです。げぷ。

CIMG0365.jpg

南澳から新城まで断崖絶壁で有名な道を通るらしく、絶景が拝めるはずだよとVさんのお勧めでサイクリングすることに。
Vさんは連日の疲労が残ってるので新城までこのまま電車で向かい、向こうで再合流することに。
4人でサイクリングスタート。レース受付もまだやらなきゃならないし、Vさんには13時ぐらいを目処に着いてねと言われてるのでダラダラというわけにもいかない。

CIMG0370.jpg CIMG0371.jpg

CIMG0381_201311210127546db.jpg

東海岸の動脈的な国道だけどそんなに交通量多くないし快適に走れます。

CIMG0387.jpg CIMG0391.jpg

今日の目的地である花蓮までは61kmか、結構あるな・・・

ゆるやかなアップダウンをこなしていくと海の景色がかなり良くなってきました。

CIMG0399.jpg

しかしトンネルには排気ガスが充満していてだいぶ空気が悪そうです。

CIMG0408.jpg

それからこういうトンネル内の地面や、下り坂の標識でよく「慢」という文字を見かけるんだけど、これは「ゆっくり」という意味なんですね。なかなか面白い。

そして県境を跨いで花蓮県へ。

CIMG0410_20131121013539836.jpg

太魯閣国立公園の入り口なのでしょうか、立派な看板。そして絶景のオンパレード。

CIMG0417.jpg CIMG0422_20131121013542076.jpg

断崖絶壁っぷりがハンパじゃないですねー。

CIMG0425_20131121015156bfe.jpg CIMG0434.jpg

ようやく新城に近づいてきました。
この谷が太魯閣渓谷に続き、そして台湾を横断して台中へと繋ぐ国道8号線、明日のレースのコースがあります。

CIMG0444_20131121015159085.jpg CIMG0447.jpg

ちょうど昼過ぎなこともあり結構お腹空いてきた。
13時はちょっと過ぎちゃったけど無事に合流し、Vさんが宿泊してた宿のすぐ近くにある食事処で肉炒飯。美味い!

CIMG0450.jpg CIMG0452_201311210156270b0.jpg

ふー食った。
あとは花蓮まで行くだけかと思いきや観光すべきところはまだありました。
肝心の太魯閣渓谷。

去年はレース中だったこともあり景色をじっくり見たり写真撮ったり全然してなかった。ていうかレース開始直後にカメラ壊してた。

時間にそんなに余裕はないけどさくっとVさんを先頭に太魯閣渓谷へポタリングスタート。


②へ続く

通勤トレ~SR600前追い込み~

昨日は会社を22時半頃に出発して横浜みなとみらいへ寄ってから帰宅。
今日は会社を23時過ぎに出発してから鳩ヶ谷~舎人周遊ルートで帰宅。
どちらも全力インターバル走で良い感じに疲れました。

29erパラゴンの前輪タイヤをコンチネンタルのレースキングに変更しての走行だったんだけども
さすがに重くて加速は最悪なんだけど速度維持が想像以上に楽でちょっと衝撃だった。
重さのメリットってばかにできないな。
あと絶対にパンクしなさそうな肉厚の安心感もすごい。

明日からは流しで。

通勤ポタ~試走~

ほぼ2週間ぶりに自転車乗って通勤ポタリングでしたが全く脚に力が入らなくて、わかりきってることなのにションボリ。


去年ぐらいから、いつかは、いつかは、と思いつつ先送りしてきましたが
今週末は宇都宮山岳ブルベの試走に挑戦してきます。

もちろん認定もかかってるので、DNFしたらそれまで。試走だけど試走じゃない。

天気予報はなんか土曜が雨降りそうなんだけど、渋峠で雷雨にならないよう祈るばかりです。

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。